Rakuten infoseek

辞書

【エ】

デジタル大辞泉

え〔ヱ〕【恵/×慧】
《〈〉prajñāの訳》仏語。物事をよく見極め、道理を正しく把握する精神作用。三学の一。智慧

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【恵〔惠〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]ケイ(漢) (ヱ)(呉) [訓]めぐむ
〈ケイ〉
情けをかける。めぐむ。めぐみ。「恩恵互恵仁恵特恵
物を贈られることに敬意を表す語。「恵贈恵投恵与
〈エ〉
(「」と通用)さとく賢い。「知恵
縁起がよい。「恵方(えほう)
[名のり]あや・さと・しげ・とし・めぐみ・やす・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

え【恵/慧】[漢字項目]
〈恵〉⇒けい
〈慧〉⇒けい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

けい
?-599 百済(くだら)(朝鮮)の王子。
欽明(きんめい)天皇16年(555)兄威徳王の命で来日,前年聖明(せいめい)王が新羅(しらぎ)のために殺されたことを報告した。17年多数の武器・良馬をあたえられ,軍船に護送されて帰国した。598年威徳王のにより第28代の恵王として即位したが,翌年死去。諱(いみな)は(き)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

精選版 日本国語大辞典

けい【恵】
〘名〙 なさけをかけること。めぐみ。恩恵。
※浄瑠璃・鎌田兵衛名所盃(1711頃)上「良将の軍を統(すぶ)るや人を治、恵(ケイ)を推し恩をほどこし」 〔書経‐蔡仲之命〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めぐみ【恵】
〘名〙 (動詞「めぐむ(恵)」の連用形の名詞化)
① めぐむこと。なさけをかけること。また、その恵まれたもの。あわれみ。いつくしみ。
※書紀(720)推古一二年四月(岩崎本訓)「其れ此の如き人、皆君に忠(いさをしさ)無く、民に仁(メクミ)無し」
※古今(905‐914)仮名序「ひろきおほんめぐみのかげ、つくば山のふもとよりも、しげくおはしまして」
② あわれんで金品をやること。ほどこし。
※後裔の街(1946‐47)〈金達寿〉三「乞食が恵みをもとめて手をさし出した」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

恵の関連情報

関連キーワード

般若金剛般若経知恵バングラデシュ般若般若心経理趣経般若五種不翻

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.