Rakuten infoseek

辞書

【おん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


おん
仏教用語。『大乗本生心地観経』では,父母の恩,国王の恩,衆生の恩,三宝の恩などの四恩を心に深く感じ大切に思うことが,仏道修行の要素であると説く。また一切衆生を救うという如来誓願に対する恩徳を思い,感謝すべきであるとも説いている。恩の思想は,中国,チベット,日本に特に重んじられているものであるが,インド仏教にも恩を意味する原語が存在している。それはパーリ語のカタンニュー kataññūで,なされたことを知る者という意味で「知恩」と訳される。この反面,親子,夫婦間の愛情や執着を恩愛 (おんない) という言葉を使って,仏道修行には妨げとなるから断ち切らなければならないものとして,恩とは区別している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


おん
社会的地位の高い主人が,従者や従者の家族に与えた精神的,物質的な給与一切を意味した。この主従関係が続くかぎり,給与一切は,従者がいかに奉仕を積重ねても等しくなりえない従者の終生かつ子孫の負い目と観念された。したがって受恩者には無限の義務が生じ,そのあかしとして主人への無限の忠誠が必要となった。恩はこうして,日本の封建社会の主従関係を支えた。 (→御恩 , 奉公 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おん【恩】
人から受ける、感謝すべき行為。恵み情け。「を施す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん【恩】[漢字項目]
[音]オン(呉)(漢)
学習漢字]5年
めぐみ。いつくしみ。情け。「恩愛(おんあい・おんない)恩恵恩師恩賜恩赦恩情恩人恩寵(おんちょう)恩典感恩旧恩君恩厚恩高恩鴻恩(こうおん)謝恩重恩大恩朝恩仏恩報恩忘恩
[名のり]おき・めぐみ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おん【恩】
恩はほんらい〈恵み〉を意味し,神の恵み(愛)や仏の恵み(慈悲)をさしたが,のち中国や日本では君主や親の恵みという考えが強調されるようになった。インド仏教は縁起(相互依存)の思想によって人間の横の結びつきを重視したのにたいし,中国の儒教忠孝を説く五倫五常(精神的秩序)の思想によって人間の縦の関係に注目したが,この考え方の違いが恩の観念にも反映した。仏教ではインド以来〈四恩〉が説かれたが,それは《正法念処経》では母,父,如来,説法の師の恩とされ,《大乗本生心地観経》では父母,衆生,国王,三宝の恩とされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おん【恩】
他の人から与えられためぐみ。いつくしみ。 「御-は一生忘れません」 「親の-」
封建時代、家臣の奉公に対して主人が領地などを与えて報いること。
給与。手当。 「 -をもせで、はなれんことこそ無念なれ/曽我 9」 → 御恩ごおん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


おん
『日本書紀』や『古語拾遺(しゅうい)』などの日本の古典に出ている「恩」は「めぐみ」「みいつくしみ」「みうつくしみ」などと訓(よ)まれている。そして「めぐみ」は、草木が芽ぐむなどというときの芽ぐむを名詞形にしたものとされているが、草木が芽ぐむのは冬眠していた草木の生命力が陽春の気にはぐくまれて目覚めることによる。そのようにある者が他の者に生命を与えたり生命の発展を助けることが恩を施すことであり、その逆が恩を受けることであるとみられる。したがって恩の存在するのは人間の間だけでなく、われわれは天地人の三者から広く恩を受けていることになる。しかしこれは広義の「恩」で、普通にはある人によって示された好意とその良好な結果とに対して感謝するという狭義の感恩が考えられ、この感恩の対象は父母と君主であると貝原益軒(かいばらえきけん)などは考えていた。つまり感恩の究極は忠孝にあるというわけであるが、日本思想における感恩の観念は仏教の影響によるところが大きく、中国の儒教は恩を説くことはまれであった。[古川哲史]

仏教における恩

サンスクリットのウパカーラupakra(他の者を思いやること)、またはクルタkrta(他の者から自分になされた恵み)の漢訳。仏教では、人は恩を知り(知恩)、心に感じ(感恩)、それに報いなければいけない(報恩)とされる。具体的に、『正法念処経(しょうぼうねんしょきょう)』では母、父、如来(にょらい)、説法の法師から受ける四種の恩があげられ、さらにのちには『心地観経(しんちかんぎょう)』で父母、衆生(しゅじょう)、国王、三宝(さんぼう)の四種の恩が説かれた。いわゆる四恩思想である。親子や夫婦間の愛は恩愛といい、出家修行者には断ち切るべきものとされる。中国では親から受ける恩が孝の思想と関連して強調され、『父母恩重経(ふぼおんじゅうきょう)』の偽経が制作されるに至った。[新井慧誉]
『仏教思想研究会編『仏教思想4 恩』(1979・平楽寺書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おん【恩】
〘名〙
① 目上の人から受ける感謝すべき行為。めぐみ。なさけ。いつくしみ。
※続日本紀‐養老五年(721)七月庚午「仁及動植。恩蒙羽毛
※源氏(1001‐14頃)帚木「いまにそのおんはわすれ侍らねど」
封建時代、主人への奉公に対する給付として所領などを得ること。御恩。
※上杉家文書‐文安四年(1447)九月一八日・上杉長棟置文「伊豆乃国平井郷の事は、〈略〉長棟が養父憲基のかたよりおんに得て持ち候」
③ 給与。手当。扶持。
※曾我物語(南北朝頃)九「かやうなる者どもを、世になければ、恩をもせで、はなれん事こそ無念なれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

恩の関連情報

他サービスで検索

「恩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.