Rakuten infoseek

辞書

恩賞地【おんしょうち】

大辞林 第三版

おんしょうち【恩賞地】
封建時代、恩賞として与えられた土地。恩地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おんしょう‐ち オンシャウ‥【恩賞地】
〘名〙 世襲の所領のほかに、幕府または大名が家臣の勲功に対して与えた土地。中世では恩地、新恩ともいい、一方で自由な売買などが制限される側面をもつと同時に、特別な所領として保護された。恩給地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恩賞地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

恩賞地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.