Rakuten infoseek

辞書

怪談牡丹灯籠【カイダンボタンドウロウ】

デジタル大辞泉

かいだんぼたんどうろう〔クワイダンボタンドウロウ〕【怪談牡丹灯籠】
人情噺(ばなし)。三遊亭円朝作。文久・元治年間(1861~1865)に成立。明治17年(1884)筆録、出版。「御伽婢子(おとぎぼうこ)」所収の「牡丹灯籠」をもとに、当時起こった江戸牛込の旗本騒動などを取り入れたもの。お露の幽霊が牡丹灯籠の光に導かれ、カランコロンと下駄の音を響かせて恋しい男のもとへ通う場面が有名。明治25年(1892)には歌舞伎化された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

怪談牡丹灯籠
かいだんぼたんどうろう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

怪談牡丹灯籠
(別題)
かいだん ぼたんどうろう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
怪異談牡丹灯籠
初演
明治25.7(東京・歌舞伎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

怪談牡丹灯籠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

怪談牡丹灯籠の関連情報

他サービスで検索

「怪談牡丹灯籠」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.