Rakuten infoseek

辞書

【しょう】

盆栽用語集

樹の個体差を表す言葉。「性が良い」「葉性(はしょう)」「皮性(かわしょう)」などと使われる。またその特徴が固定化したものに対して、品種名のように用いられることもある。例:もみじ荒皮性、蝦夷松八ッ房性など(荒皮性…短期間で肌が荒れてくるもの、八ッ房性…芽や葉の矮小化したもの、盆栽に適している)。

出典:(株)近代出版
Copyright(C)2009 Kindai Shuppan co., ltd All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さが【性/相】
生まれつきの性質。性格。また、持って生まれた運命。宿命。「愚かな人間の悲しい―」
いつもそうであること。ならわし。習慣。「浮世の―としてあきらめる」
よいところと悪いところ。特に、欠点や短所。
「―なくばよからんとのかくし詞」〈浄・嵯峨天皇

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう〔シヤウ〕【性】
生まれつきの性質。もって生まれた性分。「が合う」「凝り
そのもののもともとのたち。本来の性質・品質。「荒れ」「冷え
根性。たましい。性根。
「―も骨もぬけてうんざりしてしまう」〈中勘助銀の匙
陰陽道(おんようどう)で、木・火・土・金・水の五行(ごぎょう)を人の生まれた年月日に配したもの。これによって吉凶を占う。
仏語。あらゆるものが生来備えていて、外からの影響によって変わることのない本質。本性。自性。
習性。ならい。
「はづさうはづさうと思うたが―に成り」〈浄・鎌田兵衛〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【性】
[名]
人が本来そなえている性質。うまれつき。たち。「人のは善である」
同種の生物の、生殖に関して分化した特徴。雄性と雌性。雄(おす)と雌(めす)、男と女の区別。また、その区別があることによって引き起こされる本能の働き。セックス。「に目覚める」
genderインド‐ヨーロッパ語セム語などにみられる、名詞代名詞形容詞冠詞などの語形変化によって表される文法範疇(はんちゅう)の一。男性女性中性などの区別がある。日本語には、文法範疇としての性の区別はない。英語でも代名詞にみられるだけで、それ以外の品詞では消滅している。
[接尾]名詞の下に付いて、物事の性質・傾向を表す。「安全」「アルカリ」「向日」「人間

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【性】[漢字項目]
[音]セイ(漢) ショウ(シャウ)(呉) [訓]さが
学習漢字]5年
〈セイ〉
生まれながらの心のあり方。生まれつき。「性格性行性質感性個性資性習性心性知性天性徳性品性母性本性理性
物事に備わった性質。「性能悪性磁性属性惰性毒性慢性優性
男女・雌雄の別。「性別異性女性男性有性両性
異性を求める本能の働き。「性交性欲
〈ショウ〉
生まれつき。本来の性質。「性根(しょうね)性分癇性(かんしょう)気性根性(こんじょう)仏性本性魔性無性
男女・雌雄の別。「女性(にょしょう)
[名のり]なり・もと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

 同種生物

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せい【性 gender】
言語学の用語。名詞にみられる文法的カテゴリーの一つで,これにより当該言語のすべての名詞はいくつかの類に分けられる。自然性sexと明確に区別するために文法性とも呼ばれる。 たとえばインド・ヨーロッパ語族では,男性―女性の2性に区別されるタイプ(フランス語イタリア語スペイン語など)と,男性―女性―中性の三つを区別するタイプ(ギリシア語ラテン語ドイツ語ロシア語など)が広くみられ,セム語族には前者のタイプのみが存在する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せい【性 sex】
〈性〉ということばにはさまざまな意味がある。まず〈性〉は生物の多くの種にみられる二つの表現形態の区別で,ヒトであれば男性―女性,動植物であれば雄性(雄)―雌性(雌)の区別を意味する。次に,この二つの性が存在するところから生じる行動,現象も一般に〈性〉といわれる。 ヒトの場合,性は遺伝子によって決定され,発生の過程で内性器外性器性分化が起こる。これを一次性徴という。次いで思春期にいたると,男子では筋骨の発達やひげが生えるというぐあいに,一見して〈男らしい〉〈女らしい〉体つきとなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さが【性】
生まれつきの性質。もって生まれた性分。持ち前。 「おのれの-のつたなさをはじる」
ならわし。ならい。習慣。 「定めなきはうき世の-だ」 〔「性・祥」などの字音に基づく語ともいう〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう【性】
〔呉音〕
もって生まれたもの。生まれつきの気質・傾向・素質など。
物の品質・材質。人の体質。 「 -のよい鉄」 「夏には強い-だ」
魂。精神。根性。 「ちつと-をつけてあげ申さう、と胴背中を一つくらはせて/洒落本・船頭部屋」
習性。ならい。 「はづさうはづさうと思うたが-に成り/浄瑠璃・鎌田兵衛」
〘仏〙
外部の影響や周囲との関係で変化することのない、その物自体のもっている性質。その物自体を特徴付けている不変の本質。
衆生しゆじようの奥に秘められている真如。
衆生の本来の姿。また、それが仏性であること。 → 見性

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【性】
生まれつきもっている性質。生まれつき。さが。 「人の-は善である」 「習い-となる」
男と女、または、めすとおすの区別。 → セックスジェンダー
男女両性間、あるいは同性間において生じる肉体的結合への欲求や衝動。また、それに基づく諸活動。
〔gender〕 インド-ヨーロッパ語において、名詞・代名詞・形容詞などにみられる、男性・中性・女性などの文法上の区別。
名詞の下に付いて、その性質・傾向をもっていることを表す。 「柔軟-」 「植物-」 「経済-」 「アルカリ-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


せい
gender
言語学用語。性別に関連する概念が,体系的な語形替変として,また,形容詞と名詞など統辞論的に統合される単語相互間の一致として,あるいは,性別をそなえた代名詞による置換として実現しているとき,その文法範疇を性という。自然の性とは必ずしも対応するとはかぎらない。印欧祖語には,男性,女性,中性があり,現在もドイツ語やロシア語はこの三分法を有するが,ロマンス語派の諸言語では男性と女性,デンマーク語では中性と通性二分法に変化している。バンツー諸語の名詞の類別化や,アメリカインディアン諸語の多くにみられる生物・無生物の対立も広義の性に含めることがある。日本語には文法範疇としての性は認められない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


せい
sex
同一種の生物を,生殖の場面で相互に補完し合う2グループ (雄と雌) に分ける特徴の総体。性,生殖は,すべて密接に生命体の構造に織込まれており,いずれも種族の繁殖と存続に関与する。繁殖と長期的な存続のためには性的な再生産が不可欠な生物がほとんどであるが,必ずしも生殖が性的である必要はない。微生物から人間まで,あらゆる生命について個体の寿命には限りがあるため,どの個体群にとっても最大の関心事は子孫をつくることである。これが生命再生産の純粋で単純な形である。
下等動物植物のなかには,精子とは無縁の再生産を行うものもある。シダ類の場合,何百万もの微細で非性的な胞子が放出され,適切な環境に落ちれば新しいシダが生じる。さらに進化した植物でも,非性的な手段によって再生産を行うものが少くない。球根は脇から新しい球根を発芽させる。クラゲやイソギンチャク,ウミヘビなどのような下等動物のなかには,ある季節になると身体の一部が分離し,その各片から新たに,しかし前とそっくりの個体の群れができる。微小なレベルでは,単細胞生物は成長と分裂を繰返すことで,ほぼ同一の無数の子孫からなる群れをみごとに生み出す。こうした再生産のいずれも,生命の基本的な特性である細胞の成長と分裂の能力のたまものである。
ただし,ほとんどの動物の場合,とりわけ高等動物の場合には,非性的な再生産手段は構造的な複雑さや個体の活動と両立しないようである。非性的な再生産を活用して,一定の条件下では膨大な個体数を生み出せる種もあるが,環境に適応するための変異を得るという意味では,その価値には限界がある。いわゆる「植物的な」再生産の様式を取るものは,動物であろうと植物であろうと遺伝的に親と同一の個体を生じる。望ましくない環境の変動に見舞われたときにはどれも等しく影響を受け,全滅するおそれがある。そのため,非性的な再生産が貴重で繁殖に欠かせない手段になっている事例があろうとも,性的な再生産の必要性が消えはしない。
性的な再生産は,個体群内における世代交替の必要性を満たすだけではなく,変動する環境下で生延びるためにより適した種を生み出す。つまり,種族や種を永遠に存続させることを二重に保証する。この非性的と性的という2種類の再生産の最大の違いは,非性的な再生産によって生じた個体には根本的にそっくりな片親しかいないのに対し,性的な再生産によって生れた個体には両親がいるため,一方の親に生写しの複製にはなりえないという点である。つまり性的な再生産は,繁殖の機能を満たすのに加えて,変異ももたらす。どちらのタイプの再生産も,適切な条件さえ与えられれば1つの細胞から1個体へと成長していけるという可能性を実現するものである。すなわち性は,そうした基本的な機能と結びつきながら,種が新しい環境に適合していくための能力をになっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

性の関連情報

他サービスで検索

「性」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.