Rakuten infoseek

辞書

思惑【シワク】

デジタル大辞泉

し‐わく【思惑】
仏語。修道で断ち切られる(とん)・瞋(しん)・などの煩悩(ぼんのう)。修惑(しゅわく)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

FX用語集

思惑
ある相場局面についての主観的な見解見通し

出典:(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しわく【思惑】
〘仏〙 「修惑しゆわく」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おぼし‐まど・う ‥まどふ【思惑】
〘自ハ四〙 (「おもいまどう(思惑)」の尊敬語) あれこれと考えられて、どうしたらよいかわからなくなられる。途方にくれられる。
※宇津保(970‐999頃)春日詣「おとどは、そこにものせずなり給ひにける又の日より、おぼしまどひて、〈略〉御病はじまりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おもい‐まど・う おもひまどふ【思惑】
〘自ハ四〙 (上代は「おもいまとう」) あれこれ考えて、どうしたらよいかわからなくなる。行くべき道を失う。途方にくれる。思い迷う。
※万葉(8C後)一三・三三四四「朝霧の 思惑(おもひまとひ)て 杖足らず 八尺(やさか)の嘆(なげき) 嘆けども」
※源氏(1001‐14頃)賢木「足を空に思まどふ人多かり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐わく【思惑】
〘名〙
① 分別、判断がつかないで、思い迷うこと。
仏語。修道で断ぜられる煩悩。欲界の貪・瞋・痴・慢の四煩悩などをいう。天台では見惑とともに空観によって断ぜられるとする。修惑(しゅわく)
※雑談集(1305)四「思惑(シわく)断じかたきこと藕絲(ぐうし)の如(ごとし)」 〔法華文句‐九下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

思惑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

思惑の関連情報

他サービスで検索

「思惑」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.