Rakuten infoseek

辞書

思ひ出す人々【おもいだすひとびと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

思ひ出す人々
おもいだすひとびと
内田魯庵(ろあん)著の文壇回想録。1925年(大正14)春秋社刊。明治初期の政治小説流行時から、二葉亭四迷(しめい)の没するまでの明治文壇を、自身がその渦中にあって体験した記憶によって生き生きと再現し、文学史的価値と作家論的色彩をあわせもつ日本近代屈指の名回想録である。収録された全12編のうち、『二葉亭の一生』などの二葉亭四迷に関する記述、『硯友(けんゆう)社の勃興(ぼっこう)と道程』に描かれた尾崎紅葉(こうよう)、『美妙(びみょう)斎美妙』の山田美妙、『斎藤緑雨』はことに優れる。また、『最後の大杉』は静かに権力の虐殺を告発した名文である。[野村 喬]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おもいだすひとびと〔おもひだすひとびと〕【思ひ出す人々】
内田魯庵の文壇回顧録。大正14年(1925)刊行。明治期の文壇の人間模様をいきいきと描く。「二葉亭の一生」など、全12編を収録。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

思ひ出す人々」の用語解説はコトバンクが提供しています。

思ひ出す人々の関連情報

関連キーワード

グローバルアドレスコンモドゥスサブネットマスク健康余命サブネットマスク静的IPマスカレードギガナビスナビスボロゲセス3世

他サービスで検索

「思ひ出す人々」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.