Rakuten infoseek

辞書

【ド】

デジタル大辞泉

ど【怒】[漢字項目]
常用漢字] [音](漢) ヌ(呉) [訓]いかる おこる
〈ド〉
いかる。「怒気怒号怒髪赫怒(かくど)激怒震怒憤怒喜怒哀楽
おこったように激しい。「怒張怒濤(どとう)
〈ヌ〉いかる。「憤怒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぬ【怒】
⇒ ど [漢]

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いから・す【怒】
〘他サ五(四)〙
① 相手をおこるようにしむける。おこらせる。
※羅葡日辞書(1595)「Acuo〈略〉Icarasu(イカラス)、イカリヲ オコサスル」
② かどばった動作でいかめしい様子をする。いからかす。多く、肩をそびやかす、目を大きく見開く、声を張り上げるなどの場合に用いる。
※書紀(720)仁徳五五年(前田本訓)「大蛇ありて目を発瞋(イカラシ)て」
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉後「洋燈の前に肩を峙(イカ)らして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いかり【怒】
〘名〙 (動詞「いかる(怒)」の連用形の名詞化)
① 自分の望む方向に反するものの存在によって起こされた感情のいらだち。おこること。はらだち。立腹。いきどおり。
※書紀(720)推古一二年四月(岩崎本訓)「忿(こころのイカリ)を絶(た)ち、瞋(おもへりのイカリ)を棄てて」
※源氏(1001‐14頃)夕霧「人の御いかり出で来なば永きほだしとなりなむ」
② 肩などが角ばっていること。ものの角ばった部分。また、鼻の穴のふくらみが左右に広がっていること。いかっていること。
※清原宣賢式目抄(1534)一〇条「楚〈略〉長さ三尺五寸、ふしをもいかりをも削すつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いか・る【怒】
〘自ラ五(四)〙
① 自分の意に反するものの存在によって感情がいらだち荒れる。おこる。いきどおる。立腹する。
※石山寺本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「其の賊将を別の処に曳(ひ)き、恠りて慍(イカリ)て云はく」
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「ただいみじういかれる気色にもてなして太刀を引き抜けば」
② 荒々しくふるまっておどす。にらみつける。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「阿修羅いかれるかたちをいたして」
③ 物の形状が角立つ。ごつごつする。そびえる。
※源氏(1001‐14頃)常夏「いと草(さう)がちにいかれる手の」
※ごりがん(1920)〈上司小剣〉五「いかった肩には骨が露(あら)はに突っ立ってゐる」
④ 勢いはげしく動く。たけだけしくふるまう。
※源氏(1001‐14頃)帚木「荒海のいかれる魚の姿」
[語誌](1)中古での用法では、「切り殺す」などの行動につながる激しい「怒り」を表わす。類義のイキドホルが心中にとどまって他者にぶつけられることのない「怒り」を表わすのと異なる。
(2)和文では、イカルとほぼ同義の語としては、ハラダツが用いられた。院政期以後には、イカラス・イカラカスといった「怒り」の表情・形相を表わし、またそれを強める語も生まれた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おこり【怒】
〘名〙 (動詞「おこる(怒)」の連用形の名詞化)
① おこること。いかり。立腹。
※たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉七「他の人ならば一通りの怒(オコ)りでは有るまじ」
※雑俳・玉の光(1844‐45)一「うるさやの・おこりのくせに梯子じゃナア」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おこ・る【怒】
〘自ラ五(四)〙
① いかる。腹を立てる。興奮して気が荒くなる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「そら弁慶が怒(オコッ)たぞ」
② しかる。
※嬰児ごろし(1920)〈山本有三〉「年中おこられたり、おどかされたり」
[語誌]現代語では「いかり」を表わす語として最も一般的だが、成立は近世後期になってからと考えられる。「カッとなる」「熱くなる」「烈火のごとく」などの表現は、激しい「おこり」が「火・熱」を連想させたことを示唆している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬ【怒】
〘名〙 仏語。三毒の一つ。いかり。瞋(しん)。瞋恚(しんい)。〔維摩経‐上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

怒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.