Rakuten infoseek

辞書

怒濤【ドトウ】

デジタル大辞泉

ど‐とう〔‐タウ〕【怒×濤】
荒れ狂う大波。また、はげしい勢いで押し寄せるようすのたとえ。「逆巻く怒濤」「怒濤のごとく進撃する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ど‐とう ‥タウ【怒濤】
〘名〙 いかり狂うような大波。はげしく打ちよせる波。また、比喩的に大きな影響力をもつ時代の激しい流れ。
※済北集(1346頃か)六・漚「怒濤凝跡駐沙凹、花落不萎雪不消」
※金槐集に就いて(1946)〈加藤周一〉「この世界は、如何なる歴史の怒濤(ドトウ)も呑み得ず」 〔杜甫‐憶昔行〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

怒濤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

怒濤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.