Rakuten infoseek

辞書

快楽亭ブラック【かいらくてい ぶらっく】

江戸・東京人物辞典

快楽亭ブラック
1858〜1923(安政5年〜大正12年)【落語家】開国間もない、日本で落語家になった外国人。 名人円朝と人気を二分するスターに。英国領オーストラリア生まれ。本名Henry.J.Black。父は幕末日した新聞記者。英語塾で講師を勤めながら講釈師として舞台に立った。1891年(明治24)日本に帰化、快楽亭ブラックの名前で手品歌舞伎など多彩なで各地を講演した。毒舌を交えた新作落語は、三遊亭円朝と並ぶ人気だったという。一流芸人の落語や浪曲を吹き込んだ、日本で初めてのレコード録音も手がけている。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

快楽亭ブラック かいらくてい-ブラック
1858-1923 明治時代の落語家。
1858年12月22日オーストラリア生まれ。J.R.ブラックの長男。8歳のころ来日,明治11年2代松林伯円の勧めで芸人の道へ。政談,講談で知られ,24年からは三遊派に属し,べらんめえ口調の青い目の落語家として人気をあつめる。36年日本最初のレコードをふきこむ。大正12年9月19日死去。66歳。日本名は石井貌剌屈。旧名は Henry James Black。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

快楽亭ブラック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

快楽亭ブラックの関連情報

関連キーワード

島津保次郎溝口健二衣笠貞之助ケクレインド大反乱安政の大獄村田実日本の医学史(年表)ジュリア・ベラ グェリン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.