Rakuten infoseek

辞書

快慶【かいけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

快慶
かいけい
鎌倉時代初期の仏師康慶の弟子。作品の多くに,初め仏師快慶,丹波講師,巧匠安阿弥陀仏,のちに法橋快慶,さらに法眼快慶などの署名がある。また東大寺重源上人に帰依して安阿弥陀仏と号し,建久年間 (1190~99) の東大寺復興造仏には運慶を助けて,正系仏師慶派一門の繁栄に大きな役割を果した。宋風様式を取入れ,その写実的作風は「安阿弥様」として後世に大きな影響を与えた。文治5 (89) 年の興福寺旧蔵『弥勒菩薩像』 (ボストン美術館) をはじめ,東大寺南大門『金剛力士像』,同寺の『僧形八幡神像』,また播磨,浄土寺『阿弥陀三尊像』,金剛峰寺『孔雀明王像』など遠隔の地にも活動範囲が及び,高齢で没するまで多数の造仏に従事した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

快慶
生没年不詳。同じく鎌倉時代を代表する仏師運慶とは兄弟弟子にあたる。「安阿弥陀仏」とも称したため、理知的で端正な作風は「安阿弥様(あんなみよう)」と呼ばれる。国宝に、兵庫県小野市・浄土寺の阿弥陀三尊像、東大寺の僧形八幡神像などがある。著名な東大寺南大門の金剛力士像は、運慶らとの共同制作。
(2013-09-02 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

かいけい〔クワイケイ〕【快慶】
鎌倉前期の仏師。号、安阿弥(あんなみ)。運慶の父康慶の弟子といわれる。作風は運慶の剛健な表現に対して、安阿弥様とよばれる理知的で流麗な形式美を見せ、後世の仏像様式に大きな影響を与えた。作品に浄土寺阿弥陀三尊像、東大寺僧形八幡神像、同寺南大門金剛力士像などのほか、多数の阿弥陀如来立像がある。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

快慶 かいけい
?-? 鎌倉時代の仏師。
運慶の父康慶の弟子といわれ,運慶とならんで鎌倉時代の彫刻界を代表した。30点ちかくの作品をのこし,代表作には建仁(けんにん)3年(1203)運慶らと合作の東大寺南大門仁王像のほか,阿弥陀三尊像(兵庫県浄土寺),僧形(そうぎょう)八幡神像(東大寺)などがある。優美な作風は安阿弥(あんなみ)様式とよばれ,後世の仏像彫刻におおきな影響をあたえた。法名は安阿弥陀仏。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

快慶
 鎌倉時代前半に多くの仏像を造りました。運慶[うんけい]と同じ時期に活躍し、重源[ちょうげん]の阿弥陀[あみだ]信仰の影響を受けていたようです。阿弥陀寺[あみだじ]に納められている重源の坐像[ざぞう]は、快慶の一派が造ったのではないかと言われています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいけい【快慶】
平安末~鎌倉初期に活躍した慶派仏師。生没年不詳。運慶の父に当たる康慶の弟子と思われ,運慶と並んで鎌倉時代の彫刻界を代表する。1183年(寿永2)に運慶が発願した法華経の結縁者の一人として,初めてその名が見える。現在わかっている最初の作品はボストン美術館所蔵の弥勒菩薩立像で,〈文治5年(1189)仏師快慶〉の奥書のある経巻が胎内に納められている。その他,30体近くの作をのこす。運慶と合作の東大寺南大門の金剛力士像(1203),重源の建立した兵庫浄土寺の本尊阿弥陀三尊像(1194ころ),同寺のおねりの本尊である阿弥陀如来立像,同じく重源創建の伊賀(三重県)新大仏寺の盧舎那仏(頭部のみが当初のもの),建仁年間(1201‐04)につくられた奈良文殊院の文殊五尊像などの大きな像もあるが,1m前後の小さめな像が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいけい【快慶】
鎌倉時代の仏師。康慶の弟子。丹波講師・越後法橋・安阿弥などと号す。運慶の力強い作風と比べて、流麗で親しみやすく安阿弥様ようと称される。作品は、東大寺の阿弥陀如来・地蔵菩薩像など三〇点近くが残る。1183年から1223年の記録はあるが生没年未詳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

快慶
かいけい
生没年不詳。鎌倉初期の仏師。運慶の父にあたる康慶の弟子と思われ、運慶と並んで鎌倉時代の彫刻界を代表する人物。1183年(寿永2)に運慶が発願した法華経(ほけきょう)の結縁(けちえん)者の一人として初めてその名がみえる。現存する遺作は20点余りに上り、像の足(あしほぞ)などに記された銘文や文献によると、丹波講師(たんばこうじ)、越後法橋(えちごほっきょう)などと肩書し、東大寺中興の重源(ちょうげん)に帰依(きえ)して安阿弥陀仏(あんなみだぶつ)とも称している。運慶の剛健な表現に対して、快慶は、むしろ藤原彫刻の風を受けたような、穏やかで流麗な、いわゆる安阿弥様なる様式をつくりあげ、当時から「ほとんど肩を並べるなきの人」とまでたたえられている。大衆性のある、親しみやすさをもったその作風は、以後の仏像彫刻に大きな影響を与えている。代表作に、ボストン美術館の弥勒菩薩(みろくぼさつ)像(1189)、兵庫浄土寺の阿弥陀(あみだ)三尊像(1192)、東大寺の僧形八幡(そうぎょうはちまん)神像(1201)、重源のためにつくった同寺俊乗堂の阿弥陀如来(にょらい)像(1202)、同寺公慶堂の地蔵菩薩像(年代不詳)などがある。[佐藤昭夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいけい クヮイケイ【快慶】
鎌倉初期の仏師。康慶、あるいは運慶の門弟という。形式の整った温雅流麗な作風は安阿彌風と呼ばれ、運慶とともに後世に大きな影響を与えた。東大寺の阿彌陀如来立像、地蔵菩薩像など二〇点余りが残る。法名、安阿彌。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

快慶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

快慶の関連情報

他サービスで検索

「快慶」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.