Rakuten infoseek

辞書

忠次旅日記【ちゅうじたびにっき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

忠次旅日記
ちゅうじたびにっき
日本映画。 1927年日活作品。監督,脚本伊藤大輔。出演大河内伝次郎伏見直江,沢村春子,沢蘭子。「甲州殺陣編」「信州血笑編」「御用編」の3部作で,乱闘場面のフラッシュ,移動撮影などの手法を用いながら,追いつめられていく国定忠次末路を描いた。時代劇映画傑作といわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅうじたびにっき【忠次旅日記】
伊藤大輔監督による映画の題名。昭和2年(1927)公開。全3部。出演、大河内伝次郎、中村英雄、伏見直江ほか。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうじたびにっき【忠次旅日記】
1927年製作の伊藤大輔原作・脚本・監督の時代劇映画で,〈第一部甲州殺陣篇〉〈第二部信州血笑篇〉〈第三部御用篇〉からなる三部作。伊藤大輔の証言によれば(加藤泰編《時代劇映画の詩と真実》),当時,日活の〈重役さん〉と呼ばれた大スター尾上松之助が,〈仁義に富んだ〉忠次を演じた任俠映画に対して,これは〈無頼漢〉の忠次映画であるとして当初,反対されたため,企画を実現するためにまず初めに〈第一部甲州殺陣篇〉と題する〈無意味な〉立回りを撮り,のちに三部作をまとめて,再編集をするとき切り捨ててしまったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

忠次旅日記
ちゅうじたびにっき
日本映画。1927年(昭和2)作品。脚本・監督伊藤大輔(だいすけ)。三部からなるサイレントの時代劇で、それぞれ独立して公開された。第一部「甲州殺陣篇(へん)」、第二部「信州血笑篇」、第三部「忠次御用篇」。チャンバラ映画の伝統を破棄し、伊藤大輔創案の人間忠次(国定忠治)を斬新(ざんしん)な手法で描いたサイレント映画時代劇の金字塔ともいうべき傑作。第一篇は、甲州に逃げ込んだ忠次が、家長の死後旧家の財産を横領する悪人たちを退治して行方も知れず旅立ついきさつ、第二篇は、子連れの忠次が信州で落魄(らくはく)の苦悩を嘆く挿話、第三篇は、追われる身の忠次がやっと村に帰ったところを捕らえられる顛末(てんまつ)を描く。大河内伝次郎(おおこうちでんじろう)の忠次の熱演はもとより、伊藤大輔の流通自在の技術が見ものである。[飯島 正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忠次旅日記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

忠次旅日記の関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.