Rakuten infoseek

辞書

応長【オウチョウ】

デジタル大辞泉

おうちょう〔オウチヤウ〕【応長】
鎌倉後期、花園天皇の時の年号。1311年4月28日~1312年3月20日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おうちょう【応長】
年号(1311.4.28~1312.3.20)。延慶の後、正和の前。花園天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

おうちょう【応長】
日本の元号(年号)。鎌倉時代の1311年から1312年まで、花園(はなぞの)天皇の代の元号。前元号は延慶(えんぎょう)。次元号は正和(しょうわ)。1311年(延慶4)4月28日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『旧唐書(とうじょ)』を出典とする命名。応長年間の鎌倉幕府の将軍は守邦(もりくに)親王(9代)、執権は北条師時(もろとき)(10代)、北条宗宣(むねのぶ)(11代)。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おうちょう オウチャウ【応長】
鎌倉時代、花園天皇の代の年号。疫病の流行のため延慶四年(一三一一)四月二八日改元。翌応長二年三月二〇日次の正和に代わる。執権北条師時(もろとき)・宗宣の時代。出典は「唐書志」の「応長暦之規、象中月之度、広綜陰陽之数、傍通寒暑之和」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

応長の関連情報

関連キーワード

日弁北条師時長保寺青木ケ原樹海延慶園太暦金蓮寺三国仏法伝通縁起尊良親王

他サービスで検索

「応長」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.