Rakuten infoseek

辞書

応酬【オウシュウ】

デジタル大辞泉

おう‐しゅう〔‐シウ〕【応酬】
[名](スル)
互いにやり取りすること。また、先方からしてきたことに対して、こちらからもやり返すこと。「杯の応酬が続く」「相手のやじに応酬する」
贈られた書状詩歌などに返事をすること。また、その返し。応答

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おうしゅう【応酬】
スル
互いにやりとりすること。また、相手のやり方にこたえて、やり返すこと。 やじの- パンチの-
書状・詩歌などの返しをすること。また、その返事や返歌。
酒席での杯のやりとり。献酬。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐しゅう ‥シウ【応酬】
〘名〙 相手の行為にこたえ報いること。
① 対立する意見、議論などを、互いにやりとりすること。また、相手の攻撃に対してやり返すこと。
※授業編(1783)序説「詩文の業を請ふ人には、知れるほどの事はかたりきこゆ。の正削を求むれば、聊(いささか)其応酬(オウシウ)をなすは八口(はっこう)の家織ず、耕さざればしばらくこれを以てこれに代はるのみ」 〔王令‐旅次寄宝覚納師詩〕
② 書状、詩歌などの返しをすること。また、その返事、返歌
③ 交際すること。接待すること。応対
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「使節本領たる、交際の酬、政治の廉訪」 〔張道洽‐嶺梅詩〕
酒席でののやりとり。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応酬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

応酬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.