Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

応永の乱【おうえいのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

応永の乱
おうえいのらん
応永6 (1399) 年 11月,周防など6ヵ国守護大内義弘室町幕府に対して起した反乱義弘との貿易により巨富をたくわえ強勢を誇った。そこで,将軍集権体制を目指し,大守護抑圧政策をとった3代将軍足利義満は義弘を挑発して,関東公方足利満兼と結んで和泉堺に挙兵した義弘を死させ,大内氏の力をそいだ。以後幕府勢威は大いに高まった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おうえい‐の‐らん【応永の乱】
応永6年(1399)大内義弘足利義満に背いて兵、敗死した事件。これを機に、守護大名に対する将軍権力確立した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうえいのらん【応永の乱】
1399年(応永6)西国の雄大内義弘が,室町幕府・将軍権力に反抗して敗死した乱。防長を基盤とする大内氏は,弘世,義弘と2代にわたり,今川了俊の九州経営,明徳の乱における山名氏討滅など室町幕府権力の確立に多大の貢献があった。義弘の代には,防長,石見に加え,豊前紀伊,和泉など6ヵ国守護職を兼帯する大守護となった。このような大内氏と,将軍権力の絶対化および足利氏一門を中心とする全国支配体制を志向する幕府中枢との対立は早晩避けられないことであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

応永の乱
おうえいのらん

1399年(応永6)有力守護大内義弘(おおうちよしひろ)が室町幕府に対して起こした反乱。義弘は九州鎮圧や明徳(めいとく)の乱(1391)の平定および南北朝合体の斡旋(あっせん)などの功によって、父弘世(ひろよ)時代の周防(すおう)、長門(ながと)に加え、石見(いわみ)、豊前(ぶぜん)、和泉(いずみ)、紀伊(きい)の守護となり、さらに対朝鮮貿易により富強を誇っていた。一方、南朝合体に成功した将軍足利義満(あしかがよしみつ)は幕府権力の安定・絶対化を図るため、有力守護への抑圧と服従を強要しようとし、その機会をねらっていた。このような義満にとって、義弘による対朝鮮貿易の独占的傾向と、幕府の九州統一と密接する対明(みん)貿易への強い干渉は、先に解任した九州探題今川了俊(りょうしゅん)を想起させ、義弘討伐を決意させるに至った。1396年の渋川満頼(みつより)の九州探題就任以降、九州では動乱が生じており、義満は、義弘が九州へ赴いたのを好機として挑発を開始した。これに対し義弘は、当時義満と対立していた鎌倉公方(くぼう)足利満兼(みつかね)と結び対抗、99年10月、領国和泉の堺(さかい)(大阪府堺市)に上陸し、義満の政治を批判、満兼の御教書(みぎょうしょ)を奉じ討伐の意志を明らかにした。義満は11月の初めに数万の大軍を発向(はっこう)させたため、義弘は堺に多くの井楼(せいろう)や櫓(やぐら)を設け籠城(ろうじょう)。同月29日両軍は戦闘に及んだが勝敗は決しなかった。これと前後して満兼は諸国に反幕府の挙兵を呼びかけ、自ら上洛(じょうらく)を意図したが果たせなかった。一方、堺では12月21日に幕府軍の総攻撃により義弘は戦死し、弟の弘茂(ひろもち)は降服した。この結果、翌1400年3月には東国、鎌倉も鎮静に帰し、義満は乱後の処置として、大内氏より和泉、石見、紀伊、豊前を没収し、弘茂に周防、長門を安堵(あんど)した。しかし、義弘に後事を任されていた別弟の盛見(もりはる)は、弘茂の入国を拒否し、01年には弘茂を敗死させるなどその勢力を圧したため、幕府は盛見と和し、周防、長門の守護に任じた。こうして義満の大内氏勢力削減は達成され、この後、室町幕府の全盛期を創出するに至った。しかし、応永の乱の事後処理に幕府が不十分な措置をとらざるをえなかったことは、最終的に幕府による守護大名の統制に大きな影響を及ぼすことになった。

[久保田昌希]

『佐藤進一著『南北朝の動乱』(『日本の歴史 9』1965・中央公論社)』『松岡久人著『大内義弘』(1966・人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おうえい【応永】 の 乱(らん)
室町初期の応永六年(一三九九)、大内義弘が起こした反乱。将軍足利義満に対抗し、関東管領(かんれい)足利満兼らと結んで堺に挙兵したが、義満は畠山、斯波の軍を率いてこれを討ち、守護大名に対する将軍権力を確立した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

応永の乱
おうえいのらん
1399(応永6)年,大内義弘が室町幕府に対しておこした反乱
義弘は周防 (すおう) ・長門 (ながと) など6国の守護を兼ね,朝鮮貿易で巨富を得,多くの戦功をたてて強盛を誇り,将軍足利義満と対抗した。1399年鎌倉公方足利満兼と呼応し,領国和泉の堺で挙兵,義満はみずから征討し,義弘は敗死した。明徳の乱('91)とともに,義満の守護大名抑圧策の一つで,これにより幕府の権力は確立した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応永の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

応永の乱の関連情報

関連キーワード

ランカスター朝足利満兼ヘンリー[4世]ヘンリー4世ランカスター朝ヘンリー(4世)ランカスター朝イギリス史(年表)スクールソーシャルワーカー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.