Rakuten infoseek

辞書

応徳【オウトク】

デジタル大辞泉

おうとく【応徳】
平安後期、白河天皇堀河天皇の時の年号。1084年2月7日~1087年4月7日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おうとく【応徳】
年号(1084.2.7~1087.4.7)。永保の後、寛治の前。白河・堀河天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

おうとく【応徳】
日本の元号(年号)。平安時代の1084年から1087年まで、白河(しらかわ)天皇、堀川(ほりかわ)天皇の代の元号。前元号は永保(えいほう)。次元号は寛治(かんじ)。1084年(永保4年)2月7日改元。964年の康保(こうほう)、1024年の万寿(まんじゅ)に続き、甲子革令(かっしかくれい)を理由に行われた。『白虎通(びゃっこつう)』を出典とする命名。1085年(応徳2)、興福寺僧徒が大和国十市郡で乱暴狼藉を行い、民家を焼く事件が起こった。永保年間以来、こうした僧兵による狼藉が続いていた。1083年(永保3)には、奥州清原氏の清原家衡・武衡と同族の藤原清衡の対立が深まり衝突。この衝突が後三年の役に発展した。1086年(応徳3)、白河天皇が8歳の皇子に譲位(堀河天皇)。退位した白河は太上天皇(上皇)として、幼帝の後見を名目に院政を開始した。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おうとく【応徳】
平安時代、白河、堀川両天皇の代の年号。甲子(かっし)革命のため永保四年(一〇八四)二月七日改元。応徳四年四月七日に寛治と改められた。出典は「白虎通‐封禅」の「天下太平、符瑞所以来至者、以為王者承理、調和陰陽、陰陽和万物序、休気充塞、故符瑞並臻、皆応徳而至」による。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応徳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

応徳の関連情報

他サービスで検索

「応徳」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.