Rakuten infoseek

辞書

志摩【しま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

志摩
しま
三重県志摩半島南端,先志摩半島を占める地区。旧町名。 1954年和具町と片田,布施田,越賀,御座の4村が合体して発足。 2004年 10月,浜島町,大王町,阿児町,磯部町と合併し,志摩市となる。地名は古代以来の国名による。南は勇壮な熊野灘に臨み,北部に静かな英虞 (あご) 湾の一部を含む。その景観は対照的で,御座の金比羅山 (99m) からの眺望はすばらしい。耕地は少なく,養殖漁業 (ハマチ真珠) と海女漁業 (アワビ,サザエ,イセエビ) が行なわれる。中心地区の和具の南沖合いにある大島北西の御座の海岸にはハマユウの群落地がある。全域が伊勢志摩国立公園に属し,キャンプ場などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志摩
しま
福岡県西部糸島市北部の旧町域。糸島半島西部とその西方にある姫島からなる。1955年可也村,桜野村,小富士村,芥屋村の 4村が合体して志摩村が発足。1965年町制。2010年前原市,二丈町と合体して糸島市となった。主産業は農業で,米作のほかミカン,ブドウイチゴスイカ,野菜の栽培が中心。沿岸漁業,タイの養殖も行なわれる。海食玄武洞の芥屋ノ大門(国指定天然記念物)をはじめ国指定重要文化財の阿弥陀如来像を寺宝とする西林寺,野北牧場,姫島の野村望東尼配流地,「小富士(筑紫富士)」の異名をもつ可也山(365m)など遺跡や名所が多く,可也山と海岸の大部分玄海国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しま【志摩】
旧国名の一。東海道に属し、現在の三重県東部、志摩半島の鳥羽市、志摩市にあたる。志州
三重県、志摩半島南東部の市。伊勢海老や鮑(あわび)などの漁業や真珠養殖が盛ん。平成16年(2004)浜島(はまじま)町、大王(だいおう)町、志摩町、阿児(あご)町、磯部(いそべ)町が合併して成立。人口5.5万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しま【志摩】
旧国名の一。三重県志摩半島の東部に相当。
三重県東部、志摩半島南部の市。伊勢志摩国立公園に属する。漁業と観光業が発達。英虞あご湾は真珠養殖で有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しま【志摩】
[一] 東海道十五か国の一つ。大化改新のとき一国となる。中世には神領として伊勢神宮勢力が強く、南北朝時代以後北畠氏、のち九鬼氏が支配。江戸時代には鳥羽藩が成立。明治四年(一八七一)の廃藩置県以後、鳥羽県、度会県(わたらいけん)を経て同九年三重県の一部となる。志州。
[二] 三重県中東部の地名。志摩半島の南半部を占める。リアス式海岸発達し、真珠の養殖が行なわれる。平成一六年(二〇〇四)市制。
[三] 福岡県の西部にあった。明治二九年(一八九六)怡土(いと)郡と合併して糸島郡となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志摩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

志摩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.