Rakuten infoseek

辞書

志向【しこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

志向
しこう
志向性」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐こう〔‐カウ〕【志向】
[名](スル)意識が一定の対象に向かうこと。考えや気持ちがある方向を目指すこと。指向。「高い志向をもつ」「音楽家を志向する」「上昇志向

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しこう【志向】
スル
意識をある目的へ向けること。実現しようとして心がそのほうへ向かうこと。意向。指向。 民主国家の建設を-する 本物- 上昇-
意識がいつもある対象に向かっていること。 哲学字彙(1881年)に英語 intention の訳語として載る志向性指向補説欄

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐こう ‥カウ【志向】
〘名〙
① 考え、気持がある目的をめざしていること。心の向かうところ。意向志趣
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「志向なき人には、天幸機縁と雖どもこれを裨益すること能はず」
哲学で、意識の基本構造として、意識が特定の対象に向けられること。指向。→志向性。〔哲学字彙(1881)〕
倫理学で、動機としての目的の観念に対し、それを実現するのに必要な手段、および予想される結果の観念。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志向」の用語解説はコトバンクが提供しています。

志向の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.