Rakuten infoseek

辞書

忍冬【スイカズラ】

デジタル大辞泉

すい‐かずら〔すひかづら〕【忍冬】
スイカズラ科の蔓性(つるせい)の木本。山野に自生。葉は楕円形で対生し、でも残っているので冬(にんどう)ともいう。6、7月ごろ、葉のわきに2個ずつ並んでつく白色の花は蜜腺(みっせん)をもち、のち黄色に変わる。漢方で、葉や花を解熱解毒に用いる。スイカズラ科は約450種が北半球の温帯と熱帯地方の高山に分布し、アベリアニワトコなどが含まれる。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん‐どう【忍冬】
スイカズラ別名。冬でも葉がしおれないのでいう。 夏》
スイカズラの茎・葉を乾燥したもの。漢方で浄血利尿解毒薬などに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すい‐ずら〔すひづら〕【忍冬】
スイカズラの別名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

にんどう【忍冬】
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。スイカズラ科スイカズラの葉および茎を乾燥したもの。解毒消炎抗菌利尿解熱などの作用がある。湿疹(しっしん)皮膚炎に効く治頭瘡一方(ぢづそういっぽう)などに含まれる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にんどう【忍冬】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいかずら【忍冬】
スイカズラ科のつる性半常緑木本。山野に自生。枝は長く伸び、卵状長楕円形の葉を対生。初夏、葉腋に甘い香りのする白い花を二個ずつつける。花はのちに黄色になる。葉・茎・蕾つぼみは解毒・利尿作用があり薬用とする。金銀花。ニンドウ。 忍冬の花[季]

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にんどう【忍冬】
スイカズラの別名。
スイカズラの葉茎を乾燥させた生薬。解熱・消炎・利尿薬とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

忍冬 (スイカズラ・スイズラ;ニンドウ)
学名:Lonicera japonica
植物。スイカズラ科の半常緑つる性植物,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐かずら すひかづら【忍冬】
〘名〙 スイカズラ科の常緑つる性木本。各地の山野や路傍に生える。全体に褐色の細毛がある。茎は細長く、左螺旋の方向に巻いて他物に右巻きにからんでのび、長さ四~五メートルに達する。葉は長さ約五センチメートルの卵形または楕円形で柄をもち対生。花は初夏に葉腋に二個ずつならんでつき、長さ三~五センチメートルで、細長い筒部があり、先は五裂して四片は上向きに一片は下向きに開き、芳香がある。初め白または淡紅色で、のち黄色に変わる。果実は径約六ミリメートルの球形で黒く熟す。葉は利尿・解熱の薬に用いる。漢名、忍冬・金銀花。にんどう。《季・夏》 〔十巻本和名抄(934頃)〕
※浮世草子・好色一代男(1682)二「呉竹の奥ふかく、すいかづら・昼顔の花踏そめて道を付」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん‐どう【忍冬】
〘名〙 植物「すいかずら(忍冬)」の漢名、および異名。また、生薬としては、葉を乾かしたものをいう。漢方では、止血、殺菌、利尿などに用い、民間では多く、淋病の利尿用に用いる。《・夏》 〔十巻本和名抄(934頃)〕 〔俳諧・毛吹草(1638)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忍冬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

忍冬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.