Rakuten infoseek

辞書

忌寸【いみき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

忌寸
いみき
古代のの一種。『日本書紀』によれば天武 13 (684) 年に制定した八色の姓 (やくさのかばね) の第4位。「伊美吉」とも書く。主として連 (むらじ。もと直〈あたい〉,造〈みやつこ〉,首〈おびと〉) 姓の国造や帰化系有力氏族に賜わった。同 14年6月,大倭 (やまと) 連から書 (ふみ) 連にいたる 11氏に与えたのが最初。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いみ‐き【忌寸】
天武天皇が制定した八色(やくさ)の姓(かばね)の第四位。主として渡来人に与えられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いみき【忌寸】
日本古代の(かばね)の一つ。684年(天武13)に制定された八色(やくさ)の姓の第4位。主として渡来系の有力氏族,および一部の国造(くにのみやつこ)系氏族に与えられた。忌寸の姓が実際に賜姓されたのは,制定の翌年(天武14)の6月から。《日本書紀》天武14年6月条に〈大倭連,葛城連,凡川内連,山背連,難波連,紀酒人連,倭漢連,河内漢連,秦連,大隅直,書連,幷て十一氏に,姓を賜ひて忌寸と曰ふ〉とみえるように,忌寸となった氏族の旧姓は,ほとんどが(むらじ)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いみき【忌寸】
八色やくさの姓かばねの第四位。主として、国造くにのみやつこや渡来人の有力氏族に与えられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

忌寸
いみき
684年(天武天皇13)に制定された八色(やくさ)の姓(かばね)における第四位の姓。その翌年に忌寸を与えられたのは、大倭(やまと)(奈良県)、凡川内(おおしこうち)(大阪府)、山背(やましろ)(京都府)、葛城(かずらき)(奈良県)など畿内(きない)の国造(くにのみやつこ)、および紀酒人(きのさかひと)、大隅(おおすみ)(鹿児島県)のほか、難波(なにわ)、倭漢(やまとのあや)、河内漢(かわちのあや)、秦(はた)、書(ふみ)などの渡来系有力豪族などであった。やがて忌寸は秦氏や漢氏の同族に多く与えられ、渡来系氏族に多い姓ともなっていった。[原島礼二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いみ‐き【忌寸】
〘名〙 古代の姓(かばね)の一つ。天武一三年(六八四)制定の八色姓(やくさのかばね)の第四位。翌一四年(六八五)大倭連(おおやまとのむらじ)ら国造クラスの氏に初めて与えられ、のちに渡来系の有力氏族に多く与えられた。いむき。
※書紀(720)天武一三年一〇月(寛文版訓)「八色(くさ)の姓を作りて〈略〉四つに曰はく、忌寸(イミキ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いむ‐き【忌寸】
〘名〙 =いみき(忌寸)拾芥抄(13‐14C)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忌寸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

忌寸の関連情報

他サービスで検索

「忌寸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.