Rakuten infoseek

辞書

【ヒツ】

デジタル大辞泉

ひつ【必】[漢字項目]
[音]ヒツ(漢) [訓]かならず
学習漢字]4年
きっとそうなること。間違いなく。「必死必至必勝必定(ひつじょう)必然/未必」
かならずそうすべきこと。是非とも。「必携必見必需必修必須必着必読必用
[名のり]さだ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かならず【必】
〘副〙
① 事実について認定し、行為を命じ、あるいは判断を下すにあたって、間違いなくその事実が認定でき、行為が実行され、判断が成立することへの、確言、強制、確信を表わす。間違いなく。確実に。たしかに。きっと。必ずとも。必ずも。必ずや。
※書紀(720)斉明四年五月(北野本訓)「万歳千秋の後に、要(カナラス)朕が陵に合せ葬れ」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「この人の宮づかへの本意(ほい)、かならず遂げさせ奉れ」
※咄本・軽口露がはなし(1691)一「よそにて左様の言(こと)をかならず申されな」
② 特に、否定表現を伴って、確言、強制、確信が、絶対的ではないことを表わす。絶対に…(というわけではない)。きっと(…とは限らない)。
※源氏(1001‐14頃)蜻蛉「かならずその故たづねて、うちとけ御覧ぜらるるにしも侍らねど」
※徒然草(1331頃)六四「車の五緒(いつつを)は、必人によらず、ほどにつけて、きはむる官・位に至りぬれば、乗るものなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひつ【必】
〘名〙 間違いでないこと。でないこと。かならずそうであること。
※俳諧・芭蕉真蹟懐紙(1685)酒に梅「慈童が水に徳をあらそはん事、必とせり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひっ‐・す【必】
〘自他サ変〙 ⇒ひっする(必)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひっ‐・する【必】
[1] 〘自サ変〙 ひっ・す 〘自サ変〙 必ずそうなるに決まっている。そうなることうけあいである。
※俳諧・去来抄(1702‐04)故実「名月に明の字書まじき事、必せり」
※西国立志編(1870‐71)〈中正直訳〉二「その間成就すべき望も、必し(〈注〉ウケアヒ)がたく」
[2] 〘他サ変〙 ひっ・す 〘他サ変〙 心中に固く決心する。必ずそうなると決める。期する。
※太平記(14C後)二〇「拉(とりひしがんこと)大敵於隻手中(ヒッセリ)矣」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

必の関連情報

他サービスで検索

「必」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.