Rakuten infoseek

辞書

心重し【ココロオモシ】

デジタル大辞泉

心(こころ)重・し
思慮深い。人柄が落ち着いている。
「すぐれてをかしう、―・く」〈紫式部日記
俳諧で、おもむきが軽快でない。
「ふかくおもひしづみ、かへって―・く詞(ことば)しぶり」〈去来抄・先師評〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こころおもし【心重し】
思慮深い。慎重だ。 「世の中に-・くづしやかに思はれ給ひつる人の/宇津保 国譲中

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こころ【心】 重(おも)
① 落ち着きがある。人柄がおおようである。
※紫式部日記(1010頃か)消息文「又すぐれてをかしう、こころをもく、かどゆゑも、よしも、うしろやすさも、みな具することはかたし」
が軽快に働かない。気が重い。
俳諧で、観念や趣向などにこだわって心が自由自在でないさまにいう。句意がさらりとしないで、渋滞している。
※俳諧・去来抄(1702‐04)先師評「ふかくおもひしづみ、却て心おもく詞しぶり、或は心たしかならず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心重し」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心重しの関連情報

他サービスで検索

「心重し」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.