Rakuten infoseek

辞書

心筋虚血【しんきんきょけつ】

知恵蔵mini

心筋虚血
動脈硬化などによって冠動脈血流が悪くなり、心臓筋肉血液が十分に行き渡らなくなる状態。虚血性心疾患における症状の一つで、胸部に痛みや苦しさなどの自覚症状がある場合は狭心症心筋梗塞、自覚症状がない場合は無症候性心筋虚血が疑われる。
(2015-8-1)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんきん‐きょけつ【心筋虚血】
心臓筋肉血液が十分に流れなくなる状態。冠状動脈動脈硬化攣縮を起こして狭くなったり詰まったりすることによって起こる。心虚血。→虚血性心疾患

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

心筋虚血
しんきんきょけつ
心筋に送られる血液量が不足している状態。多くは動脈硬化などが原因で、血液を心筋に運ぶ役割を果たす血管(冠状動脈)が狭窄(きょうさく)や閉塞(へいそく)を起こして狭くなり、必要とされる血液量を供給できなくなる。ほかに、心筋の肥大化や心拡大、冠状動脈が過収縮を起こす冠状動脈攣縮(れんしゅく)(冠スパスム)、さらには重症化した貧血なども原因となる。心筋虚血に陥ると、狭心症や心筋梗塞(こうそく)などの虚血性心疾患が引き起こされる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心筋虚血」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心筋虚血の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.