Rakuten infoseek

辞書

心持【ココロモチ】

デジタル大辞泉

こころ‐もち【心持(ち)】
[名]
心の持ち方。心がけ。気だて。「心持ちのよい、素直な娘」
感じていることや思っていること。気持ち。気分。「子を持って、親の心持ちがわかった」「一杯の酒で好い心持ちになる」
[副]程度がごくわずかであるさま。ちょっと。ほんの少し。「心持ちあごを引いてください」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こころ‐もち【心持】
[1] 〘名〙
① 心の持ち方。心がけや気立て。
※静嘉堂文庫本無名抄(1211頃)「身のふるまひもてなし、心もちなど、赤染には及び難かりけるにや」
※随筆・戴恩記(1644頃)上「其物語いまおもへば、みな人の心持になる殊勝の事どもなり」
② 実際はそうでないのに、そうであるかのような気持。また、何かしようとする気持。つもり。
※浮世草子・好色万金丹(1694)一「あふたびごとに壱歩壱つ宛銭箱に入て、是を揚銭の心もちとのけてをき」
③ 何かをしたり、されたりした時に、受ける感じ。
※滑稽本・古朽木(1780)二「宜敷気もち心持、嚊(かか)もやき餠打忘れ」
④ 生理的な心のぐあい。気分。「急に心持が悪くなった」
※人情本・清談峯初花(1819‐21)後「あつさつよきゆへにや、おりしこころもちあしくなりければ、やまのちゃやにやすむところへ」
⑤ 能楽などで、演じている外見の様子から察せられる、場面ごとの心のありよう。
※童舞抄(1596)源氏供養「正面へおもてをなをし、物を案ずるやうに心持をすべし」
[2] 〘副〙 わずかにそれと感じられるだけ。ほんの少し。やや。
※狂言記・棒縛(1730)「小舞をまへ。いや此のなりではまわれぬ。どうなりと心持斗まへ」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一一「首を心持(ココロモチ)藤尾の方へ向け直した」
[語誌]→「きもち(気持)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心持」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心持の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.