Rakuten infoseek

辞書

心及ぶ【ココロオヨブ】

デジタル大辞泉

心(こころ)及・ぶ
考えが行き届く。気がつく。
「かの院、何事も―・び給はぬことはをさをさ無きうちにも」〈・若菜下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こころおよぶ【心及ぶ】
想像がつく。 「これこそ翁らが-・ばざるにや/大鏡 道長
気が付く。気持ちが行き届く。 「心の及ばむに従ひては、何事も後見きこえむ/源氏 澪標

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こころ【心】 及(およ)
考えが行き届く。気がつく。
※源氏(1001‐14頃)藤裏葉「思ふさまにかしづき聞えて、こころをよばぬ事、はた、をさをさなき」
※宇治拾遺(1221頃)九「郡司、大に悦(よろこび)て、心のをよばんかぎりは教へむと思ひて」
② 常識によって予想、想像、期待などができる。想像がつく。下に打消を伴うことが多い。
※浜松中納言(11C中)三「かたちありさま、琴(こと)のね、心もをよばず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心及ぶ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心及ぶの関連情報

他サービスで検索

「心及ぶ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.