Rakuten infoseek

辞書

心内に動けば詞外にあらわる【こころうちにうごけばことばそとにあらわる】

精選版 日本国語大辞典

こころ【心】 内(うち)に動(うご)けば詞(ことば)(そと)にあらわる
(「詩経大序」の「情動於中而形於言」による) 心中に思うことは、覚えずことばに現われ出るものだ。
※太平記(14C後)四「つくづくと思ひ暮して入逢の鐘を聞くにも君ぞ恋しき、情(ココロ)は動于中、言呈於外(ウチニウコケハ、コトハそとニアラハル)、御歌のをさをさしさ、哀れに聞へしかば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心内に動けば詞外にあらわる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心内に動けば詞外にあらわるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.