Rakuten infoseek

辞書

心入る【ココロイル】

デジタル大辞泉

心(こころ)入(い)・る
(「入る」が四段活用の場合)深く心にとまる。心が引かれる。
「つねならぬ山の桜に―・りて池の蓮を言ひな放ちそ」〈後拾遺・雑五〉
(「入る」が下二段活用の場合)熱中する。打ち込む。心を入れる。
「遊びに―・れたる君達」〈椎本

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こころいる【心入る】
心が引きつけられる。夢中になる。 「そのうつくしみに-・り給ひて/源氏 末摘花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こころ【心】 入(い)
[一] (「入る」が自動詞四段活用の場合) ある事にが引きつけられる。気に入る。心にかなう。
※多武峰少将物語(10C中)「君をなほうらやましとぞ思ふらむ思はぬ山に心いるめり」
※源氏(1001‐14頃)末摘花「かの紫のゆかり尋ねとり給ひて、そのうつくしみに心いり給ひて」
[二] (「入る」が他動詞下二段活用の場合) ⇒こころ(心)を入れる

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心入る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心入るの関連情報

他サービスで検索

「心入る」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.