Rakuten infoseek

辞書

心中【シンジュウ】

デジタル大辞泉

しん‐じゅう〔‐ヂユウ〕【心中】
[名](スル)
相愛の男女が合意の上で一緒に死ぬこと。情死。相対(あいたい)死に。
複数の者が一緒に死ぬこと。合意なしに相手を道連れにして死ぬ場合にもいう。「一家心中」「無理心中
ある物事と運命をともにすること。「商売と心中する」
人に対して義理を守ること。
「―が立たぬと思ひ、親へ便りもせずに帰る」〈浄・歌念仏〉
愛し合っている男女が指や髪を切ったりして、愛情の変わらないことを示すこと。また、その証(あかし)。
「女郎の―に髪を切り爪をはなち」〈浮・一代男・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐ちゅう【心中】
心の中。胸中。内。「心中を明かす」「心中穏やかでない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんじゅう【心中】
情死ともいう。相愛の男女が合意の上で一緒に死ぬことであるが,この言葉を他の複数自殺double suicideにも適用して親子心中一家心中などともいう。この場合は貧困や不治の病をにして親が子を道連れにする自殺と殺人との複合と呼ぶべき〈無理心中〉であることが多い。日本では明治以後,第2次大戦前までは封建的な家族関係と社会保障制度の不備などにもとづく親子心中,とくに経済的に弱い立場におかれた母親が子どもと一緒に死ぬ例が多かった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんじゅう【心中】
スル
相愛の男女が合意の上で一緒に自殺すること。情死。 結婚できないのを苦に-する
二人以上の者が一緒に自殺すること。 親子- 無理-
(比喩的に)ある物事と運命をともにすること。 新事業と-するつもりで取り組む
こころのなか。むねのうち。しんちゅう。
義理を立てること。 丹波橋の少六といふ大臣に、添はいでは-立たず/浮世草子・禁短気
男女がその愛を相手に示す証拠。誓紙を書いたり入れ墨をしたり指を切ったり爪を抜いたりする。 女郎の-に、髪を切り爪をはなち/浮世草子・一代男 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しんちゅう【心中】
心のうち。内心。 -を打ち明ける

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

心中
しんじゅう
初めは情死をいい、これを他の複数自殺にも適用して親子心中、一家心中などという。もともと心中とは心の誠ということで、「心中立て」はこの意味の語である。それが、男色者や遊里の間で、心の中の誠を具体的に表現する必要から、放爪(ほうそう)、断髪、切指(指を切り落とすこと)、貫肉(股(もも)などを刃物で突くこと)など身体の一部を傷つけたり、切り取って相手に渡したり、または互いの名をいれずみしたりする風習がおこり、これらの手段を心中というようになった。このなかで互いの生命を賭(か)ける心中死は、心中の極致と考えられ、やがて心中は心中死(情死)を意味するに至った。この変化は、およそ元禄(げんろく)(1688~1704)前後のことと考えられるが、ちょうどそのころ京坂を中心に情死が多発している。情死事件が起こるとすぐに読売り祭文や近松の浄瑠璃(じょうるり)につくられ、それがまた次の情死の誘因ともなった。情死者が斬新(ざんしん)な死の手段を考えたことは、明らかに自分たちの死の効果を予想したものであった。
 この風潮に対して、江戸幕府は1722年(享保7)に心中死の取締り規則を定め、公式には相対死(あいたいじに)と称するようにした。その罰則は、情死者の死骸(しがい)取捨て、未遂者の非人扱い、また1人が死亡のときは相手は死刑、さらに、主従関係(主人側は軽い)や男女(女は軽罪)の差異が認められた。
 しかし、その後も心中は絶えず、語の概念も拡大して、同性心中から一家心中までが含まれるようになった。このため、日本は欧米に比して情死の多発国という誤解を生じた。それには、封建的家族制度や儒教的道徳観や殉死思想など情死の原因と考えられるものが、日本特有のものとみなされたからであった。しかし、情死は古くから世界中にその類例があり、けっして日本特有の現象ではない。元禄以後の情死事件の多くが、遊里という特殊社会を背景としていることなども注意せねばならない。ただ、日本の情死には無理心中が多いことと、親子心中にもその傾向が強いことは見逃せない。無理心中は殺人と自殺との複合だからである。親子心中は外国にも存在するし、強い家族制度と弱い社会保障制度の日本では、子を道連れにする親の心情に同情すべき点もあるが、親の殺人行為に対する社会的批判が強くなっている。しかし、遺児への保障や親への救済など各種の対策を伴わなければ、根本的解決は望めないであろう。[原島陽一]

心中の刑事責任

刑法第199条の殺人罪は被害者の意思に反して他人を殺害することを要するから、心中、すなわち共同自殺は本罪ではなく、刑法第202条の自殺関与及び同意殺人罪に該当しうるにすぎない。いわゆる無理心中は殺人罪にあたる。たとえば心中の意思がないのにこれを偽り相手に心中をもちかけ自殺させる場合については、法律上有効な意思がないとして殺人罪にあたると解する見解が支配的であるが、自殺関与及び同意殺人罪にすぎないとする見解も有力である。[名和鐵郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐じゅう ‥ヂュウ【心中】
〘名〙
② まごころを尽くすこと。人に対して義理をたてること。特に、男女のあいだで、相手に対しての信義や愛情を守りとおすこと。真情。誠心誠意。実意。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)一「われになればこそかくは心中をあらはせ、人には是ほどには有まじと」
※浄瑠璃・道成寺現在蛇鱗(1742)二「若い殿御の髪切って、廻国行脚し給ふは、御寄特(きどく)といはうか、心中(シンヂウ)といはうか」
③ 相愛の男女が、自分の真情を形にあらわし、証拠として相手に示すこと。また、その愛情の互いに変わらないことを示すあかしとしたもの。起請文(きしょうもん)、髪切り、指切り、爪放し、入れ墨、情死など。遊里にはじまる。心中立て。
※俳諧・宗因七百韵(1677)「かぶき若衆にあふ坂の関〈素玄〉 心中に今や引らん腕まくり〈宗祐〉」
※浮世草子・好色一代男(1682)四「女郎の、心中(シンヂウ)に、髪を切、爪をはなち、さきへやらせらるるに」
④ (━する) 相愛の男女が、合意のうえで一緒に死ぬこと。相対死(あいたいじに)。情死。心中死(しんじゅうじに)
※俳諧・天満千句(1676)一〇「精進ばなれとみすのおもかけ〈西鬼〉 心中なら我をいざなへ極楽へ〈素玄〉」
⑤ (━する) (④から) 一般に、男女に限らず複数の者がいっしょに死ぬこと。「親子心中」「一家心中」
⑥ (━する) (比喩的に) ある仕事や団体などと、運命をともにすること。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉猟官「這般(こん)なぐらつき内閣と情死(シンヂュウ)して什麼(どう)する了簡だ」
[語誌]近世以降、特に遊里において③の意で用いられ、原義との区別を清濁で示すようになった。元祿(一六八八‐一七〇四)頃になると、男女の真情の極端な発現としての情死という④の意味に限定されるようになり、近松が世話物浄瑠璃で描いて評判になったこともあって、情死が流行するまでに至った。そのため、この語は使用を禁じられたり、享保(一七一六‐三六)頃には「相対死(あいたいじに)」という別の言い回しの使用が命じられたりした〔北里見聞録‐七〕。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐ちゅう【心中】
〘名〙 (古くは「しんぢゅう」とも)
① 心のうち。心の底。胸中。こころ。
※万葉(8C後)一八・四一二八・右詞文「忽辱恩賜 驚欣已深 心中含咲独座稍開」
※平家(13C前)一二「山のあなたまでは鎌倉殿の御心中をも知りがたう候へば」 〔墨子‐経説上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

心中
(通称)
しんじゅう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
鳥辺山心中 など
初演
貞享2(大坂・岩井座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心中の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.