Rakuten infoseek

辞書

心もなし【ウラモナシ】

デジタル大辞泉

心(うら)もな・し
とりたてて思い煩うことがない。屈託がない。
「―・く我が行く道に青柳の萌(は)りて立てれば物思(も)ひ出(で)つも」〈・三四四三〉
相手に対して、自分の心の中を包み隠したりしない。
「―・くなつかしきものから、うち解けて」〈・若菜上〉
相手に気を遣ったり、遠慮したりしない。
「あさましと思ふに―・くたはぶるれば」〈かげろふ・中〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うら【心】 も なし
(名詞「うら」に、助詞「も」、形容詞「なし」が付いたもの。「うら」は心または裏の意)
① 心の中に、とりたてて思い煩うことがない。何心もないさまである。なにげないようすである。無心だ。くったくない。
※万葉(8C後)一四・三四四三「宇良毛奈久(ウラモナク)わが行く道に青柳(あをやぎ)の張りて立てれば物思(も)ひ出(で)つも」
② 相手に対して、顧慮したり遠慮したりしない。むとんじゃくだ。無遠慮だ。
※蜻蛉(974頃)中「あさましと思ふに、うらもなくたはぶるれば、いとねたさに」
③ 相手に対して、自分の心の中を包み隠したりしない。心の中で相手を恨んだり疑ったりするような隔て心がない。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「うちとけてうらもなうこそたのみけれ思ひの外に見ゆる下紐
[補注]上代の用例はすべて、「うらもなし」で、「うらなし」の形はとらない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心もなし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心もなしの関連情報

他サービスで検索

「心もなし」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.