Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

徳治【トクジ】

デジタル大辞泉

とくじ〔トクヂ〕【徳治】
鎌倉後期、後二条天皇花園天皇の時の年号。1306年12月14日~1308年10月9日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とくち【徳治】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本の元号がわかる事典

とくじ【徳治】
日本の元号(年号)。鎌倉時の1306年から1308年まで、後二条(ごにじょう)天皇の代の元号。前元号は嘉元(かげん)。次元号は延慶(えんきょう)。1306年(嘉元4)12月14日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『尚書注疏(しょうしょちゅうそ)』(『書経(しょきょう)』)『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』『後魏書(こうぎしょ)』などを出典とする命名。徳治年間の鎌倉幕府の将軍は久明(ひさあきら)親王(8代)、守邦(もりくに)親王(9代)、執権は北条師時(もろとき)(10代)。1308年(徳治3)、後二条天皇は病気で急逝した。当時は、大覚寺統(だいかくじとう)と持明院統(じみょういんとう)との間で皇位継承をめぐる対立が続いていた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくじ トクヂ【徳治】
鎌倉時代、後二条・花園両天皇の代の年号。嘉元四年(一三〇六)一二月一四日に改元、徳治三年(一三〇八)一〇月九日に次の延慶(えんきょう)となる。出典は「書経‐皐陶謨」の「俊乂在官」の注「俊徳治能之士、並在官」および「春秋左氏伝‐僖公三三年」の「能敬必有徳、徳以治民」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とく‐ち【徳治】
[1] (「とくぢ」とも) 有徳の王者が国を治めること。→徳治思想
※翁問答(1650)上末「徳治(トクヂ)・法治の分別よくよく得心あるべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徳治の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.