Rakuten infoseek

辞書

徳川家綱【とくがわ いえつな】

美術人名辞典

徳川家綱
徳川4代将軍。3代将軍家光長子幼名竹千代院号は厳有院。10才で将軍職を嗣ぐ。殉死を禁じ、囚人を憐む等の善政を行い、質素倹約を重んじ武芸学問を奨励した。また幼時狩野探幽に画を学び、達磨や馬などの墨画を能くした。延宝8年(1680)歿、40才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

とくがわ‐いえつな〔トクがはいへつな〕【徳川家綱】
[1641~1680]江戸幕府第4代将軍。在職1651~1680。家光の長男。生来病弱のため、治政初期は保科正之松平信綱らの老中が補佐し、後半は大老酒井忠清実権を握った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

徳川家綱 とくがわ-いえつな
1641-1680 江戸幕府4代将軍。在職1651-80。
寛永18年8月3日生まれ。徳川家光の長男。母はお楽の方(宝樹院)。慶安4年11歳で将軍となる。病弱のため,保科正之(ほしな-まさゆき),酒井忠勝(ただかつ)らの補佐により,大名の末期養子の承認,人質(証人)の廃止,殉死の禁,浪人取り締まりの緩和などの文治政治をおこなった。延宝8年5月8日死去。40歳。幼名は竹千代。法号は厳有院。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

徳川家綱
1641〜1680(寛永18〜延宝8)【四代将軍】武断政治から文治政策へ転換。 明暦大火契機に、江戸を再開発。四代将軍(在職1651〜80)。家光の長男。保科正之・松平信綱らの補佐を受け、末期養子の禁の緩和、殉死の禁止など政治を武断から文治へと転換した。明暦の大火で江戸の大半を消失すると、それを契機に、江戸をその急速な成長に合わせて拡張、再開発した。晩年、保科正之らが引退すると、酒井忠清が専権をふるった。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とくがわいえつな【徳川家綱】
1641‐80(寛永18‐延宝8)
江戸幕府4代将軍。3代将軍家光の長男。母は於楽之方(宝樹院)増山氏。幼名竹千代。1651年(慶安4)8月18日将軍宣下をうけ,11歳で将軍となる。このとき正二位内大臣に叙任。生来病弱で,家光の死の直後には慶安事件が起こるなど政情不安を招くが,保科正之前代からの大老酒井忠勝,老中松平信綱阿部忠秋らに補佐され,在職29年の間には幕府諸制度が整備された。63年(寛文3)家光の13回忌にあたって日光へ社参するが,前3代の将軍とは異なり一度も上洛しなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とくがわいえつな【徳川家綱】
1641~1680) 江戸幕府第四代将軍(1651~1680)。家光の長男。幼名竹千代。保科正之・酒井忠清が補佐した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徳川家綱
とくがわいえつな
[生]寛永18(1641).8.3. 江戸
[没]延宝8(1680).5.8. 江戸
江戸幕府4代将軍 (在職 1651~80) 。家光の長男。母は増山氏。幼名は竹千代。院号は厳有院。慶安4 (51) 年8月 18日将軍宣下。幼少であったため,初期には保科正之,酒井忠勝,阿部忠秋,松平信綱ら父以来の重臣が政務をとった。この時期には,3代までの武断政治による大名取りつぶしから牢人が増加し,由井正雪らの慶安事件が起った。後期は,酒井忠清が大老として実権を握り,幕府の基礎は固まった。またこの時期に殉死が禁じられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

徳川家綱
とくがわいえつな
(1641―1680)
江戸幕府第4代将軍。3代将軍家光(いえみつ)の長男。母は増山氏で於楽之方(おらくのかた)という。寛永(かんえい)18年8月3日誕生。幼名は竹千代。1644年(正保1)家綱と命名。翌1645年従三位権大納言(じゅさんみごんだいなごん)となる。1650年(慶安3)世子(せいし)となって西の丸に移り、翌1651年家光の死去に伴い、わずか11歳で将軍となった。家綱は徳川氏初の幼将軍であり、かつ長じても病弱であったため、自ら政治を行うことは少なく、保科正之(ほしなまさゆき)、酒井忠勝(ただかつ)、松平信綱(のぶつな)ら徳川一門、元老および老中による集団指導のもとで、文治政治が行われ、幕政機構の整備とともに、この期に幕藩体制が確立された。世継ぎ問題を残したまま延宝(えんぽう)8年5月8日没。40歳。東叡山(とうえいざん)に葬る。法号は厳有院(げんゆういん)。正室は伏見宮(ふしみのみや)貞清親王の女(むすめ)(浅宮)。[藤野 保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

徳川家綱 (とくがわいえつな)
生年月日:1641年8月3日
江戸時代前期の江戸幕府第4代の将軍
1680年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくがわ‐いえつな【徳川家綱】
江戸幕府第四代将軍。家光の長男。幼名竹千代。慶安四年(一六五一)将軍となる。年少で病弱のため保科正之、松平信綱らが補佐、老中政治を確立。養子の禁緩和、殉死の禁などを実施した。治政後年は大老酒井忠清が実権を掌握した。寛永一八~延宝八年(一六四一‐八〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳川家綱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徳川家綱の関連情報

他サービスで検索

「徳川家綱」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.