Rakuten infoseek

辞書

徳川家慶【とくがわ いえよし】

美術人名辞典

徳川家慶
徳川幕府十二代将軍。十一代将軍家斉の次男。幼名は敏次郎、院号は慎徳院。家斉の歿後家斉が老中に任じた水野忠邦を重用し、天保の改革を断行。忠邦の後は阿部正弘を起用し、対外問題をはじめとする難局に対処した。嘉永6年(1853)歿、41才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

とくがわ‐いえよし〔トクがはいへよし〕【徳川家慶】
[1793~1853]江戸幕府第12代将軍。在職1837~1853。家斉の二男。老中水野忠邦天保の改革を断行させたが、急激にすぎて失敗。のち、外国勢力の圧迫による難局にあたり、阿部正弘を起用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

徳川家慶 とくがわ-いえよし
1793-1853 江戸幕府12代将軍。在職1837-53。
寛政5年5月14日生まれ。徳川家斉(いえなり)の次男。母はお楽の方(香琳院)。天保(てんぽう)8年将軍となるが,父家斉の大御所政治がつづく。12年家斉の死後,水野忠邦(ただくに)を老中首座とし天保の改革を断行。開国をせまるペリーの来航直後の嘉永(かえい)6年6月22日死去(発喪は7月22日)。61歳。幼名は敏次郎。法号は慎徳院。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

徳川家慶
1793〜1853(寛政5〜嘉永6)【十二代将軍】享保・寛政の政治を手本に、幕政建て直しを図る。 十二代将軍(在職1837〜53)。大御所として実権を握った前将軍家斉の没後、弛んだ幕政の引き締めを図った。老中水野忠邦に天保の改革を実施させ、厳しく倹約令と風紀取締りを実施。その後、忠邦は罷免され、阿部正弘が老中に抜擢された。ペリー来航の際、病死

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とくがわいえよし【徳川家慶】
1793‐1853(寛政5‐嘉永6)
江戸幕府12代将軍。11代将軍家斉(いえなり)の次男。母は押田氏の娘。幼名敏治郎。諡(おくりな)は慎徳院。1797年(寛政9)世子(せいし)となり西丸に入り,1837年(天保8)将軍職に就いたが,政治の実権はなお大御所家斉にあった。41年家斉の死後,家斉の側近勢力を排して幕政を親裁し,老中水野忠邦を重用して天保改革をすすめた。忠邦失脚後は阿部正弘を用いて海防問題の難局に当たったが,53年ペリーが浦賀に来航した直後に病没した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とくがわいえよし【徳川家慶】
1793~1853) 江戸幕府第一二代将軍(1837~1853)。家斉の二男。幼名敏次郎。はじめ家斉が大御所として実権を握っていたが、その死後水野忠邦を登用して天保の改革を行わせた。1853年ペリー来航直後に病没。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徳川家慶
とくがわいえよし
[生]寛政5(1793).5.14. 江戸
[没]嘉永6(1853).6.22. 江戸
江戸幕府 12代将軍 (在職 1837~53) 。家斉 (→大御所時代 ) の次男。母は押田敏勝の娘。幼名は敏次郎。院号は慎徳院。天保8 (37) 年4月2日将軍宣下。老中水野忠邦を重用して天保の改革を実行。この治世には外国船の出没が頻繁で,政治は内憂外患に見舞われた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

徳川家慶
とくがわいえよし
(1793―1853)
江戸幕府第12代将軍。11代将軍家斉(いえなり)の二男。幼名敏次郎。1837年(天保8)将軍職を継いだが、家斉在世中は家斉の大御所政治に実権を握られた。1841年、家斉の死後、老中水野忠邦(みずのただくに)を首座に任用して幕政の改革を行った(天保(てんぽう)の改革)。しかし、改革は急激にして、また各方面に厳格にすぎたため人心を失い、忠邦は2年余で失脚した。その後、阿部正弘(あべまさひろ)を老中首座に起用し、有力諸藩の改革派勢力に対して柔軟な路線を採用したため、幕末の雄藩連合運動の素地をつくることとなった。1853年(嘉永6)6月のペリー来航に際しては病床にあり、外交を正弘と水戸藩主徳川斉昭(なりあき)に任せて死去した。法号慎徳院。[井上勝生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

徳川家慶 (とくがわいえよし)
生年月日:1793年5月14日
江戸時代末期の江戸幕府第12代の将軍
1853年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくがわ‐いえよし【徳川家慶】
江戸幕府第一二代将軍。家斉の次男。幼名敏次郎。天保八年(一八三七)将軍となる。家斉死後大御所政治を改め、水野忠邦に天保の改革を断行させたが急激にすぎて失敗。のち阿部正弘を起用して、外国勢力の圧力の強まる難局にあたらせた。寛政五~嘉永六年(一七九三‐一八五三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳川家慶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徳川家慶の関連情報

他サービスで検索

「徳川家慶」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.