Rakuten infoseek

辞書

徳川家宣【とくがわいえのぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徳川家宣
とくがわいえのぶ
[生]寛文2(1662).4.25. 江戸
[没]正徳2(1712).10.14. 江戸
江戸幕府6代将軍 (在職 1709~12) 。父は甲府藩主徳川綱重。母は田中氏。幼名は虎松。初め綱豊といい,宝永1 (04) 年家宣と改名。院号は文昭院。同年 12月5日5代将軍綱吉の養嗣子となった。同6年5月1日将軍宣下。前代の悪政の元凶であった大老格柳沢吉保を罷免し,庶民を苦しめた『生類憐みの令』を廃して,政治の刷新をはかった。間部詮房側用人として新井白石献策を入れ,財政改革,儀礼の整備などを実行しようとしたが実現をみないうちに死去。家宣の遺志は子の家継に受継がれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とくがわ‐いえのぶ〔トクがはいへのぶ〕【徳川家宣】
[1662~1712]江戸幕府第6代将軍。在職1709~1712。甲府藩徳川綱重の長男。綱吉養嗣子柳沢吉保を退け、間部詮房(まなべあきふさ)新井白石を重用して政治の刷新を行った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

徳川家宣 とくがわ-いえのぶ
1662-1712 江戸幕府6代将軍。在職1709-12。
寛文2年4月25日生まれ。徳川綱重(つなしげ)の長男。母はお保良の方(長昌院)。甲斐(かい)(山梨県)府中藩主から叔父(おじ)徳川綱吉(つなよし)の養子となり,宝永6年将軍職をつぐ。間部詮房(まなべ-あきふさ),新井白石の補佐をうけ,生類憐(あわれ)みの令の廃止,正徳(しょうとく)金銀の発行,朝鮮通信使節の待遇の簡素化などをすすめた(正徳の治)。正徳2年10月14日死去。51歳。幼名は虎松。初名は綱豊(つなとよ)。法号は文昭院。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とくがわいえのぶ【徳川家宣】
1662‐1712(寛文2‐正徳2)
江戸幕府6代将軍。3代将軍家光の三男甲府藩主綱重の長子。幼名虎松。法号文昭院。綱重が正室を迎える前の子であったので,一時家老新見正信に養われ,新見左近と名のる。1670年(寛文10)甲府藩邸にもどり,76年(延宝4)元服して綱豊と名のり,78年甲府25万石を継ぐ。翌年近衛基熙の娘熙子と結婚。1704年(宝永1)5代将軍綱吉の養子となり,家宣と改名。09年6代将軍となる。側用人間部詮房(まなべあきふさ),侍講新井白石の補佐を受け,生類憐みの令の廃止をはじめ,前代の弊政の修正に努め,あつく儒教を信奉して人民へ仁愛の施政に心がけ,儀礼の整備,勘定所機構の改革,通貨改良など諸政刷新を意図したが,在職3年余りで死去した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とくがわいえのぶ【徳川家宣】
1662~1712) 江戸幕府第六代将軍(1709~1712)。甲府藩主徳川綱重の長男。綱吉の養子。幼名虎松。側用人、間部詮房まなべあきふさを老中とし、新井白石を登用して正徳の治を行なった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

徳川家宣
とくがわいえのぶ
(1662―1712)
江戸幕府第6代将軍。3代将軍家光(いえみつ)の三男甲府藩主綱重(つなしげ)の長子。初名綱豊(つなとよ)。綱重が正室を迎える前の子であったので、一時家老新見正信に養われ、1670年(寛文10)甲府藩邸に戻り、1678年(延宝6)甲府25万石を継ぐ。翌年近衛基煕(このえもとひろ)の娘煕子と結婚。1704年(宝永1)5代将軍綱吉の養子となり、家宣と改名。1709年6代将軍となる。側用人(そばようにん)間部詮房(まなべあきふさ)、侍講新井白石(あらいはくせき)の補佐を受け、生類憐(しょうるいあわれ)みの令の廃止をはじめ前代の悪政の修正に努め、儀礼の整備、勘定所(かんじょうしょ)機構改革、通貨改良など諸政刷新を意図したが、在職4年足らずで正徳(しょうとく)2年10月14日死去。法号文昭院。[辻 達也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

徳川家宣 (とくがわいえのぶ)
生年月日:1662年4月25日
江戸時代中期の江戸幕府第6代の将軍
1712年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくがわ‐いえのぶ【徳川家宣】
江戸幕府第六代将軍。甲府藩主綱重の長男。綱吉の養子。幼名虎松。宝永六年(一七〇九)将軍となる。柳沢吉保を退け側用人間部詮房を重用し、新井白石を登用して政治の刷新を行なう。寛文二~正徳二年(一六六二‐一七一二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳川家宣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徳川家宣の関連情報

関連キーワード

モリエール伊丹勝長江戸座シャンパーニュビドルからくりパスカル(Blaise Pascal)ボイル(Robert Boyle)三方五湖モリエール

他サービスで検索

「徳川家宣」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.