Rakuten infoseek

辞書

徳川信康【とくがわ のぶやす】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

徳川信康 とくがわ-のぶやす
1559-1579 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)2年3月6日生まれ。徳川家康の長男。母は築山殿。駿河(するが)(静岡県)駿府(すんぷ)で誕生。織田信長の娘徳姫と結婚。元亀(げんき)元年岡崎城主となり岡崎次郎三郎信康と名のる。武田勝頼(かつより)との関係を信長にうたがわれ,家康の命で天正(てんしょう)7年9月15日遠江(とおとうみ)(静岡県)二俣城で切腹。21歳。本姓は松平。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とくがわのぶやす【徳川信康】
1559‐79(永禄2‐天正7)
徳川家康の長男。母は築山殿,関口氏。幼名竹千代,通称岡崎三郎。駿府で生まれ,60年(永禄3)家康自立により母子ともに今川氏真に抑留されたが,人質交換で62年岡崎に迎えられた。67年織田信長の女徳姫と結婚。70年(元亀1)家康の浜松城移転後元服して岡崎城主。若年より武勇の誉れ高かったが,信長に武田勝頼通謀と疑われ,79年9月15日遠江国二俣城で自刃した。【新行 紀一】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

とくがわのぶやす【徳川信康】
1559~1579) 戦国時代の武将。家康の長男。母は家康の正室築山殿つきやまどの。織田信長の娘を娶り、岡崎城主。信長から武田氏通謀の嫌疑をかけられ家康の命により二俣城で自刃。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

徳川信康
とくがわのぶやす

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳川信康」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徳川信康の関連情報

関連キーワード

エリザベス(1世)ベンティボリオ松平信康安土桃山時代(年表)アンリアミヨガリア信仰告白コロンボピウス4世アンリ(2世)

他サービスで検索

「徳川信康」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.