Rakuten infoseek

辞書

徳山【とくやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徳山
とくやま
山口県南東部,周南市中央部の旧市域。徳山湾に臨む。1935年市制。1955年向道村,1966年都濃町を編入。2003年新南陽市,熊毛町,鹿野町と合体して周南市となった。中心市街地の徳山は毛利氏城下町として繁栄,明治維新以後一時衰微したが,1904年に海軍煉炭所(のちの燃料廠)が設置されてから活況を取り戻した。第2次世界大戦で壊滅的な戦災を受けたが,戦後は燃料廠跡に製油所が建設されたのをはじめ,ソーダ,セメント,鉄鋼などの工業が復興,今日では周南工業地域の中心となり,西郊の新南陽にかけて石油化学コンビナートが成立。徳山下松港は 1965年に特定重要港湾に,2011年に国際拠点港湾に指定された県下一の工業地域。市街地東部に住宅団地が建設され,北部で小規模な農林業が行なわれる。西日本最大級の菅野ダム,市立動物園,湯野温泉などがあり,八代のナベヅルおよびその渡来地は国指定特別天然記念物。須々万の大玉スギは国の天然記念物に指定。地域の一部は瀬戸内海国立公園に属する。JR山陽本線と山陽新幹線が通り,櫛ヶ浜で岩徳線を分岐。山陽自動車道をはじめ,国道2号線,188号線,315号線など道路網も整備されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳山
とくやま
岐阜県西部,揖斐川最上流部にある旧村名。両白山地の南西斜面にあり,木材木製品を産出していた。徳山ダム建設に伴い,集落のほとんどが水没するため,住民はすべて離村し,1987年藤橋村に,2005年揖斐川町に編入された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とくやま【徳山】
山口県南東部にあった市。平成15年(2003)新南陽市、熊毛町、鹿野町と合併し、周南市となる。もと毛利氏の支藩徳山藩の城下町。湾岸は工業化が明治中期以降から始まり、現在では石油化学工業が発達。→周南

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とくやま【徳山】
岐阜県西端,揖斐(いび)郡の旧村。1987年,藤橋村に編入。揖斐川最上流域の山村で,標高1200m級の山々が広く分布し,冠峠,高倉峠を境として福井県に接する。中世以降は徳山氏の領地で,徳山城跡が残る。低地に乏しく,集落は川沿いに点在する。農業は自給的で,林業が盛ん。現在,揖斐川に徳山ダム(2002年竣工予定)が建設されている。【上田 雅子

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とくやま【徳山】
山口県南東部、周南市の地名。近世、長州藩の支藩毛利氏の城下町、山陽道の宿場町。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくやま【徳山】
山口県南東部の地名。旧市名。江戸時代は毛利氏四万五千石の城下町。明治末期に海軍煉炭所(のちの海軍燃料廠)が置かれ、第二次世界大戦後石油化学コンビナートが成立し、工業都市として発展。昭和一〇年(一九三五)市制。平成一五年(二〇〇三)新南陽市、熊毛町、鹿野町と合併して周南市となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徳山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.