Rakuten infoseek

辞書

徳富蘇峰【とくとみ そほう】

美術人名辞典

徳富蘇峰
言論人・評論家・史学家。熊本県生。漢学者・教育者徳富一敬の長男、小説家徳富蘆花の兄。名は猪一郎。通称を菅正敬、号は山王草主人等。民友社を結成し、雑誌「国民之友」を発刊。同誌はのちの総合雑誌の先駆となり、国木田独歩蘆花らを輩出する。文化勲章受章。昭和32年(1957)歿、94才。

出典:(株)思文閣

朝日新聞掲載「キーワード」

徳富蘇峰
明治から昭和期にかけて活躍したジャーナリスト、評論家。月刊誌「国民之友」を主宰し、1890年に「国民新聞」を発刊。当初は平民主義を主張していたが、後に皇室中心の国家主義思想家として活動。作家の徳富蘆花は実弟。
(2006-07-15 朝日新聞 夕刊 文化芸能1)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

とくとみ‐そほう【徳富蘇峰】
[1863~1957]評論家。熊本の生まれ。本名、猪一郎。蘆花の兄。同志社中退後、自由民権運動に参加。のち民友社を設立、「国民之友」「国民新聞」を発刊し、平民主義を主張。日清戦争後は政府と結び、国家主義の鼓吹者となった。著「近世日本国民史」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

徳富蘇峰 とくとみ-そほう
1863-1957 明治-昭和時代のジャーナリスト,評論家。
文久3年1月25日生まれ。徳富一敬(かずたか)の長男。徳冨蘆花(ろか)の兄。明治19年「将来之日本」で文名をあげる。20年民友社を創立,「国民之友」「国民新聞」を創刊し,平民主義を主張。日清(にっしん)戦争を機に国家主義にかたむく。第二次大戦中は大日本言論報国会会長。昭和18年文化勲章をうけるが,21年返上した。昭和32年11月2日死去。94歳。肥後(熊本県)出身。同志社英学校中退。本名は猪一郎。著作に「近世日本国民史」など。
【格言など】人生は一種の苦役なり。ただ不愉快に服役すると欣然として服役するとの相違あるのみ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とくとみそほう【徳富蘇峰】
1863‐1957(文久3‐昭和32)
新聞人,文筆家。名は猪一郎(いいちろう)。蘆花の兄。肥後国水俣の郷士の子。熊本洋学校をへて同志社に入り,新島襄の薫陶をうけ,一度はキリスト教の洗礼をうけるが,1880年同校を中退し郷里へ帰る。熊本では自由民権の結社相愛社に加盟し,政談演説や新聞編集に従事するが,82年より自宅に大江義塾を開き,自由主義を標榜した実学教育を行う一方,いくつかのパンフレットを自費出版し,文筆活動に入る準備をする。この間,東京や高知に旅行し板垣退助中江兆民,田口卯吉らの知遇をえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とくとみそほう【徳富蘇峰】
1863~1957) 評論家。熊本県生まれ。本名、猪一郎。蘆花の兄。民友社を創立し「国民之友」「国民新聞」を刊行。進歩的平民主義に立つ時論家として知られたが、日清戦争前後より国権主義に転じた。第二次大戦中は大日本言論報国会会長となる。戦後、公職追放。著「近世日本国民史」「蘇峰自伝」など多数。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徳富蘇峰
とくとみそほう
[生]文久3(1863).1.25. 肥後
[没]1957.11.2. 熱海
ジャーナリスト,歴史家。本名は猪一郎。蘆花の兄。熊本洋学校に学んだのち,1876年同志社に入学したが中退。 1882年熊本に大江義塾を開いた。 1886年『将来之日本』の出版で世の注目を浴び,上京。 1887年民友社を設立して,雑誌『国民之友』を,1890年には『国民新聞』を創刊。平民主義と欧化主義を主張し,若い知識人層に歓迎された。しかし 1895年の三国干渉事件を契機に藩閥政府 (特に桂太郎) に接近,1911年には貴族院議員にまで選ばれた。そのため知識人らの支持を失い,『国民之友』は 1898年に廃刊。『国民新聞』は日露戦争後に2度 (1905,1913) も民衆から焼き打ちされた。そして経営不振のあげく,1929年に退社を余儀なくされ,『毎日新聞』の社賓となって代表作『近世日本国民史』 (100巻) を連載した。軍国主義時代には軍部と癒着し,1942年に大日本言論報国会の会長となって言論界に君臨した。 1943年文化勲章受章。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

徳富蘇峰
とくとみそほう
(1863―1957)
明治・大正・昭和の3代にわたるジャーナリスト、歴史家。文久3年1月25日、肥後国上益城(かみましき)郡益城町字杉堂村(現、熊本市東区秋津町)に出生。本名猪一郎(いいちろう)。蘆花(ろか)の兄。徳富家は代々惣庄屋(そうしょうや)兼代官を勤め、父一敬(いっけい)(1822―1914)は横井小楠(よこいしょうなん)の高弟で、肥後実学党の指導者として幕末から明治10年代にかけて開明的思想家として活躍した。蘇峰は、肥後実学党系の漢学塾で学んだのち、1875年(明治8)熊本洋学校に入学、漢訳の『新・旧約聖書』に触れて、西洋の学問やキリスト教に興味を開かれた。翌1876年熊本バンドの結盟に参加。これを契機に漢学や儒教倫理の支配する旧世界を抜け出し、1876年同志社英学校に入学、同年12月新島襄(にいじまじょう)より受洗。1880年同校を退学して上京、新聞記者への志果たせず帰郷。郷里の水俣(みなまた)にあって自由党系の民権結社相愛社に加入、強烈なナショナリズムに裏づけられた民権論を主張した。1882年3月大江村の自宅に大江義塾を開校し、1886年9月閉鎖するまで英学・歴史・経済・政治学等を担当して郷里の青年の教化に努めた。この間、蘇峰はビクトリア自由主義の思想家に多くを学び、平民主義の思想を形成していった。蘇峰のいう「平民主義」とは、生産機関を中心とする自由な生活社会・経済社会を基礎としつつ、個人の固有の権利の尊重と平等主義とが貫徹する社会の実現を目ざすものであり、明治政府ばかりでなく民権論者の論調にみられる国権主義や武備拡張主義の誤謬(ごびゅう)を鋭くつくと同時に、自由にして安全な生活と幸福を求める平和主義、自由主義、平等主義の若々しい宣言であった。大江義塾時代の研鑽(けんさん)の結晶として『第十九世紀日本ノ青年及其(その)教育』(1885)を自費出版し、『将来之日本』(1886)を刊行して中央の論壇に華々しくデビューした蘇峰は、1887年民友社を設立して雑誌『国民之友』を創刊、1890年には『国民新聞』を創刊して、以後、明治・大正・昭和の3代にわたるオピニオン・リーダーとして活躍した。この間、日清(にっしん)戦争後の三国干渉を機に国家主義の立場を鮮明にし、従来の平民主義からの変節と非難された。政治的には桂太郎(かつらたろう)と結び、日露講和での日比谷騒擾(ひびやそうじょう)事件や、大正政変では社屋が焼打ちにあった。晩年は『近世日本国民史』全100巻(1918~1952・時事通信社)の執筆に専念した。1911年(明治44)貴族院勅選議員。太平洋戦争の宣戦の詔勅の起草者。1942年(昭和17)大日本言論報国会会長。1943年文化勲章受章。太平洋戦争後は公職追放を受け、熱海(あたみ)に隠棲(いんせい)した。昭和32年11月2日死去。[田代和久]
『神島二郎編『近代日本思想大系8 徳富蘇峰集』(1978・筑摩書房) ▽『近世日本国民史』(講談社学術文庫) ▽杉井六郎著『徳富蘇峰の研究』(1977・法政大学出版局) ▽花立三郎著『大江義塾』(1982・ぺりかん社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくとみ‐そほう【徳富蘇峰】
評論家、歴史家。本名猪一郎。熊本県出身。同志社中退。明治二〇年(一八八七)「民友社」を創設、雑誌「国民の友」を創刊、同二三年「国民新聞」を創刊。以後四〇年間にわたって社長・主筆として自由平等、平民主義の論陣を張り、近代日本の代表的時論家として活躍。日清戦争以降は国粋主義に傾き、第二次世界大戦中には、大日本言論報国会会長をつとめた。主著「近世日本国民史」。文久三~昭和三二年(一八六三‐一九五七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳富蘇峰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徳富蘇峰の関連情報

他サービスで検索

「徳富蘇峰」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.