Rakuten infoseek

辞書

徳化【トッカ】

デジタル大辞泉

とっ‐か〔トククワ〕【徳化】
[名](スル)徳によって感化すること。また、徳に感化されること。「民衆を徳化する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とっか【徳化】
スル
徳によって教化すること。徳に感化されてよくなること。 師によって-される 世は遂に彼に由りて-美化せられざる也/欺かざるの記 独歩

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とっ‐か トククヮ【徳化】
〘名〙 によって教化すること。また、徳によって教されること。
※性霊集‐五(835頃)為大使与福州観察使書「誠是、明知艱難之亡身、然猶、忘命徳化之遠及者也」
※俳諧・俳諧世説(1785)三「秋の坊は金城に名高き風流徳化(トクク)の大隠者也」 〔漢書‐宣帝紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっ‐け トク‥【徳化】
〘名〙 僧侶などがその高徳をもって人を感化し、仏道に導き入れること。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)瑞巖寺「其後に雲居禅師の徳化に依て、七堂甍改りて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徳化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.