Rakuten infoseek

辞書

微粉炭【びふんたん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

微粉炭
びふんたん
powdered coal; dust coal
微細な石炭。石炭は割合粉化しやすいため,製造の各過程において発生する粒度などについて明確な定義はない。一般的には石炭の浮遊選炭の過程で,水とともに浮遊して出るもの,また採炭中に炭塵として飛散するものなどをいい,一般的には,脱水スクリーンを通ったもの,選炭技術では 48メッシュ以下のものをいう。微粉炭燃焼装置では粉炭を 100~200メッシュ以下に粉砕して使用する。用途はおもに練炭や電力用炭,原料炭への混炭材として利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

びふんたん【微粉炭 dust coal】
粒度が非常に細かい石炭を微粉炭というが,これには2通りある。一つは,採掘から選炭・輸送などの過程での粉化によって生ずるもの,他の一つは,使用目的のために粉砕してつくるものである。前者は,選炭に際しては粒度0.5mm以下,石炭取引上は2mm以下を微粉とするのが普通である。石炭中の微粉分が多いと,選炭がやりにくく,水分包蔵して水切れが悪いので,輸送や貯蔵の面では付着によるトラブルを起こす。取引上は通常,2mm以下の微粉の含有率に上限(たとえば30%)を設ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

微粉炭
びふんたん
pulverized coal
浮遊選炭法などの終段でシックナーまたは沈殿池で沈降濃縮した、粒径0.5ミリメートル以下程度の非常に細かい石炭のことで、正確な定義はない。用途としては製鉄原料炭、発電用、燃料用などとして用いられる。
 オイル・ショック以降、石炭の効率的燃焼やガス化のために、一般炭を粒径0.2ミリメートル以下程度に微粉砕し発電所における微粉炭燃焼や製鉄所における高炉への微粉炭吹込みとして特殊なノズルから炉内に吹き込まれるようになった。[荒牧寿弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びふん‐たん【微粉炭】
〘名〙 粒度〇・五ミリメートル以下の微粉状の石炭。石炭の採掘・運搬・選炭などの過程で生じたものと微粉機で粉砕してできたものがある。火力発電のボイラーなどに用いられ微粉炭燃焼装置で空気中を浮游させて燃焼させる。燃焼効率が高い。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

微粉炭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

微粉炭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.