Rakuten infoseek

辞書

微笑【ビショウ】

デジタル大辞泉

び‐しょう〔‐セウ〕【微笑】
[名](スル)ほほえむこと。ほほえみ。「微笑を浮かべる」「やさしく微笑する」
[補説]書名別項。→微笑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びしょう【微笑】[書名]
近藤啓太郎小説。昭和49年(1974)刊。(がん)に侵された闘病最期の日々を描く。テレビドラマ化もされた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐しょう〔‐セウ〕【微笑】
びしょう(微笑)」に同じ。「拈華(ねんげ)微笑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

微笑
TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1978年7~8月放映(全40回)。原作は近藤啓太郎の自伝小説出演河内桃子山内明、清水めぐみほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

びしょう【微笑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

びしょう【微笑】
スル
ほほえむこと。ほほえみ。 思わず-を浮かべる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みしょう【微笑】
スル
は呉音
微笑びしように同じ。 拈華ねんげ 花を捻ひねりつ-するを/風流仏 露伴

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

び‐しょう ‥セウ【微笑】
〘名〙 にっこりと笑うこと。声をたてずに、顔をくずして笑うこと。ほほえむこと。ほほえみ。みしょう。
※新聞雑誌‐二号・明治四年(1871)五月「一人微笑(ビシャウ)して云ふ」 〔宋玉‐登徒子好色賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐しょう ‥セウ【微笑】
※三教指帰(797頃)中「慠然箕踞、莞爾微笑」
※源平盛衰記(14C前)二四「待ち受けて手を取りくみ、微咲(ミセウ)して歌を唱へて云く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほお‐えみ ほほゑみ【微笑】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほお‐え・む ほほゑむ【微笑】
〘自マ五(四)〙 ⇒ほほえむ(微笑)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

微笑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

微笑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.