Rakuten infoseek

辞書

御霊【ゴリョウ】

デジタル大辞泉

ご‐りょう〔‐リヤウ〕【御霊】
霊魂をいう尊敬語。みたま。
「これ讃岐院(さぬきのゐん)の―なりとて」〈古活字本保元・下〉
貴人や功績のあった人を祭る社。
御霊会(え)」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐たま【御霊/魂】
神霊や祖霊を尊んでいう語。「先祖の―を祭る」
霊威。
「我(あ)が主の―賜ひて春さらば奈良の都に召上(めさ)げ給はね」〈・八八二〉
御霊祭り」の略。
「あさましう、―など見るにも」〈かげろふ・下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごりょう【御霊】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごりょう【御霊】
「霊魂」の尊敬語。みたま。 「是れ讃岐院の-なりとて/保元 下・古活字本
怨みを残して死んだ人の霊や疫神など、人々に災厄をもたらす怨霊おんりよう
「御霊会ごりようえ」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐りょう ‥リャウ【御霊】
〘名〙 (「ご」は接頭語)
霊魂の敬称。みたま。また、たたりを現わすみたま。
※三代実録‐貞観五年(863)五月二〇日「天下以為、此災、御霊之所生也」
② 高貴な人、あるいは生前功績のあった人をまつる社。
※海道記(1223頃)逆川より鎌倉「御霊の鳥居の前に日を晩して後、若宮大路より宿所につきぬ」
※明月記‐建永元年(1206)八月二一日「今日称、御霊有辻祭
[語誌](1)①は特に非業の死を遂げ、疫病や飢饉をもたらす怨霊として畏怖の対象となったものをいう。挙例「三代実録」の記事に崇道天皇以下六所がまつられたことが記されている。後に吉備真備・菅原道真が加わり八所の御霊となったが、八所の内訳には場合により多少の出入りがある。
(2)後には中世の戦乱で没した武士や近世の義民が御霊とされたりもした。ことに鎌倉権五郎景政、曾我五郎、佐倉惣五郎のように「五郎」の名を持つものは、音の近さによる連想から御霊の中に加えられることもあった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御霊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御霊の関連情報

他サービスで検索

「御霊」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.