Rakuten infoseek

辞書

御陰【ミカゲ】

デジタル大辞泉

み‐かげ【御陰/×蔭】
日を避けて陰となる所。転じて、御殿。
「高知るや天(あめ)の―天知るや日の―」〈・五二〉
神・天皇から受けた恩恵。おかげ。庇護。
「つくばねのこの面(も)かの面に蔭はあれど君が―にますかげはなし」〈古今・東歌〉
頭に挿す鬘(かずら)。
「品太(ほむだ)の天皇(すめらみこと)の―、この山に堕(お)ちき」〈播磨風土記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

み‐ほと【御陰】
〘名〙 (「み」は接頭語)
① 敬われる女性の陰部をいう。
※古事記(712)上「此の子を生みしに因りて、美蕃登(ミホト)〈此の三字は音を以ゐる〉炙(や)かえて病み臥せり」
② 山を敬ってそのくぼんだ所をいう。
※古事記(712)中「御陵は畝火山の美富登(ミホト)に在り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御陰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御陰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.