Rakuten infoseek

辞書

御荘【みしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

御荘
みしょう
愛媛県南西部,御荘湾の沿岸にある地区。旧町名。 1923年町制。 1956年南内海村と合体。 2004年 10月内海村,および城辺一本松西海の3町と合併し,愛南町となる。古くは比叡山延暦寺末寺,青蓮院の荘園があった。中心集落の平城は四国八十八ヵ所第 40番札所である観自在寺の門前町として発達。江戸時代には宇和島藩の代官所置かれた。御荘湾は県の養殖真珠の発祥地。背後の傾斜地ではアマナツミカンを産する。 1972年に事業がスタートした「南予レクリエーション都市」の建設地に指定され,1977年御荘湾をまたぐ全長 1550mのロープウェー,標高 165mの山上にそびえる高さ 100mの宇和海展望塔などが完成した。御荘湾中ほどから内海に向けての沿岸一帯は足摺宇和海国立公園に属する。西海道路,国道 56号線が通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

み‐そう〔‐サウ〕【御荘】
貴人を敬って、その荘園をいう語。
「領じ給ふ―、御牧(みまき)よりはじめて」〈須磨

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

御荘
みしょう
愛媛県南部、南宇和郡(みなみうわぐん)にあった旧町名(御荘町(ちょう))。現在は愛南町(あいなんちょう)の西部を占める一地域。1923年(大正12)町制施行。1956年(昭和31)南内海(みなみうちうみ)村と合併。2004年(平成16)内海村、城辺(じょうへん)町、一本松(いっぽんまつ)町、西海(にしうみ)町と合併して愛南町となる。旧町域は、豊後(ぶんご)水道の内海に面し、リアス式海岸の御荘湾を有する。国道56号、県道320号が通じる。名称は、中世に延暦(えんりゃく)寺領の観自在寺荘(かんじざいじのしょう)が置かれたことによる。中心地区の御荘平城(ひらじょう)は四国八十八か所第40番札所の観自在寺の門前町として発展してきた。御荘湾の先端にある中浦は巻網漁業の基地で、三陸沖や黄海にまで出漁する。カツオ・サバ・アジ類の割合が多い。県内の真珠養殖の発祥地で、ハマチやカキの養殖も盛ん。深浦漁港ではカツオの水揚げが行われる。ミカン栽培は甘夏柑(あまなつかん)が主で品質の良さを誇る。南予レクリエーション都市施設の拠点で、御荘公園には大プールや展望タワーなど、松軒山公園には梅林園などがある。海岸一帯は足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園に指定されている。[横山昭市]
『『御荘町誌』(1970・御荘町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

み‐そう ‥サウ【御荘】
〘名〙 (「み」は接頭語) 貴人を敬って、その荘園をいう語。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「伊予の御封(みふ)のもの、みさうの物も、持てまうで来ためれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御荘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御荘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.