Rakuten infoseek

辞書

御茶屋【おちゃや】

防府市歴史用語集

御茶屋
 萩藩主[はぎはんしゅ]が休んだり、泊まったりするために造られた建物です。萩往還[はぎおうかん]沿いには三田尻・山口・佐々並の3つがありました。その中でも三田尻と山口の御茶屋は長期滞在ができる施設でした。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おちゃや【御茶屋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

お‐ちゃや【御茶屋】
〘名〙 (「お」は接頭語)
① 茶の湯の室。茶室。
② 路ばたで、人を休憩させ、茶や菓子などを売る店。茶店(ちゃみせ)。また、庭園などに設けた休憩用の建物。掛茶屋。
③ 種々の製茶を売る店。葉茶屋。茶舗。
④ 劇場に付属して、案内、休憩、食事などの用を便じた店。芝居茶屋。
※歌舞伎・時桔梗出世請状(1808)二幕「お大名の奥様の御見物だ。〈略〉お茶屋(チャヤ)はどれに致しませうな」
⑤ 客に飲食、遊興をさせる料理屋。料理茶屋。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「勿論お茶屋(チャヤ)は三年ふさがり」
⑥ 遊郭で、客を妓楼に案内する店。引き手茶屋。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「これサお茶屋の人このきゃくじんは〈略〉二会(うら)に来なましたお客だますヨ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御茶屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御茶屋の関連情報

他サービスで検索

「御茶屋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.