Rakuten infoseek

辞書

御腹【おはら】

精選版 日本国語大辞典

お‐はら【御腹】
〘名〙 (「お」は接頭語)
① ある人を敬って、その腹をいう語。
※虎明本狂言・二千石(室町末‐近世初)「其ことくはやう御はらのいさせらるるが、なを似させられてござる」
② 当人を生んだ女性。生母。また、その女性から生まれた人。
※随筆・巷街贅説(1855頃か)六「太政大臣家斉公御次男、御幼名敏次郎君、御腹押田氏女おらくの方」
③ 腹をお切りになること。切腹。
※三河物語(1626頃)三「天正六年 戊刁(つちのゑとら)御年廿にて、十五日に御腹を被成けり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん‐はら【御腹】
〘名〙 (「おん」は接頭語) ある人を敬って、その腹、また腹を切ることをいう語。
※読本・昔話稲妻表紙(1806)三「御腹(オンハラ)をすすめ申し、斬死するより外はなし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御腹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御腹の関連情報

他サービスで検索

「御腹」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.