Rakuten infoseek

辞書

御流【おながれ】

精選版 日本国語大辞典

お‐ながれ【御流】
〘名〙 (「お」は接頭語)
① 貴人、主君から杯に飲み残した酒をいただくこと。また、その酒。また、貴人、主君からいただく酒。古くは、貴人、主君が、自分の杯に残った酒のしずくを他の器に移し、さらに酒を加えて臣下に与えた。
※俳諧・桜川(1674)春「お流や二つ瓶子にみつの春〈親盛〉」
② 酒の席で、目上の人に敬意を表わすため、その人の飲んだあとの杯を受けて、酒をさしてもらうこと。また、そのようにして飲む酒。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉渡風流水「お近づきにお流れを一つ頂かせてくださいまし」
③ 目上の人などから、不用になったものをもらうこと。また、その品物。おさがり。おすべり。
※備忘録(1927)〈寺田寅彦〉猫の死「魚肉でも少し古ければ香をかいだ儘で口を付けない。そのお流れを〈略〉玉が頂戴する」
④ 予定していた行事、会合などが中途でやめになること。さたやみ。中止。流会。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「でも、此間の半襟も、お流(ナガ)れになってしまったぢゃないか」
※其面影(1906)〈二葉亭四迷〉五八「哲也が気霽(きばら)しの遠出を思ひ立ったのも気紛れなら、小夜子も固(もと)より行く気はなく、其はいつかお流になって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御流の関連情報

他サービスで検索

「御流」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.