Rakuten infoseek

辞書

御座船【ゴザブネ】

デジタル大辞泉

ござ‐ぶね【御座船】
貴人の乗る船。また、将軍や大名などの乗る豪華な船。
川遊びの屋形船。
「芝居の果てより―をさし寄せ」〈浮・一代女・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

御座船
 身分の高い人が乗るのことです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ござぶね【御座船】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ござぶね【御座船】
天皇・公家・将軍・大名など、貴人の乗る船。
川遊びの屋形船。 「芝居の果てより-をさしよせ/浮世草子・一代女 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ござ‐ぶね【御座船】
〘名〙 (「ござふね」とも)
① 貴人の乗る船。御召船。
※皇太神宮年中行事(1192)贄海神事歌「我が君の 御浜出の御座船の 滑車(せみ)の上に 千代と云ふ鳥 舞ひ遊ぶ」
② 水軍の船隊編成で、大将の乗る軍船。戦国時代では一般に安宅船(あたけぶね)を用いる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 江戸時代、将軍や大名などの乗る豪華な船。特に、御召関船と呼ばれた海御座船は西国大名などが参勤交代に国元から大坂までの航海に用いたものが代表的で、このほかに河川用の川御座船がある。〔和漢船用集(1766)〕
④ 江戸時代、富裕な町人などが川遊びに用いた屋形船。町御座船。町屋形船。借御座船。
浮世草子好色一代男(1682)五「笛太鞁世間はばかるけしきもなく、天下の町人の思ひ出に、御座舟(ゴザフネ)のうちには」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御座船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御座船の関連情報

他サービスで検索

「御座船」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.