Rakuten infoseek

辞書

御家人【ごけにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

御家人
ごけにん
鎌倉~江戸時代将軍と主従関係にあった武士 (家人) の敬称。鎌倉幕府の御家人は,源頼朝と一般武士との間に発生した個人的御恩奉公の双務的関係から発した私的色彩の強いものであったが,頼朝の東国政権が全国的規模の武士政権である鎌倉幕府に発展したとき,御家人制度は鎌倉幕府の制度として固定した。鎌倉御家人となるためには,根本私領を開発して保有している者が,名簿 (みょうぶ) を将軍にささげ,見参 (げざん) と称して将軍の前に出て御目見 (おめみえ) し,将軍に忠誠を誓い,将軍からその所領,所職の保障を示す所領安堵 (あんど) の下文 (くだしぶみ) をもらわねばならなかった。鎌倉御家人の平時の軍役は,京都大番役鎌倉大番役,篝屋 (かがりや) 番役があり,ほかに将軍御所修造役,内裏 (だいり) 修造役,舎人 (とねり) 人夫役,社寺修造役,社寺祭礼役などいろいろな臨時の公事 (くじ) ,課役 (かやく) などがあった。これらの役を負担できるだけの所領を有していることが,御家人となるべき必要条件であった。しかし西国御家人のなかには守護が交名 (きょうみょう。連名書) を将軍に差出すだけで御家人となった者もあり,荘園領主,寺社惣官の下文だけで御家人となった者も少くなかった。しかも鎌倉時代初期には惣領だけが御家人であったが,中期以後には独立した庶子も御家人役の負担が可能な者は御家人となった。鎌倉時代は分割相続が原則であったので,御家人領は零細化し,鎌倉時代中期以降には御家人の生活は窮乏していった。南北朝時代にも御家人の称が残っていたが,室町幕府ではほとんど使用されなくなった。江戸幕府では御目見以下幕臣を御家人と称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ご‐けにん【御家人】
鎌倉時代、将軍直属の武士。将軍に忠誠義務を尽くす代償に、所領安堵・新恩給与などの保護を受けた。
江戸時代、将軍直属の家臣のうち、御目見(おめみえ)以下の者。→旗本

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

御家人
鎌倉時代に源頼朝(一一四七~九九)に見参して主従関係を結んだ武士。家人に「御」をつけたもの。その後、鎌倉、室町幕府における将軍直属の家臣を指す。江戸時代の御家人は、旗本と並ぶ将軍の直臣。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

ごけにん【御家人】

[中世]
 鎌倉時代,将軍直属の家臣。幕府の首長としての将軍と主従関係を結んだ武士身分の者をいう。平安時代,貴顕の家に隷属した従者を家人とよんだが,武門の棟梁である源氏や平家の従者についてもその称呼が用いられ,時に敬称として御の字が付された。鎌倉幕府成立後,将軍の家人も敬称として鎌倉殿の御家人,関東御家人などとよばれ,後には身分の称呼として固定化した。1180年(治承4)源頼朝の挙兵の際,いちはやく味方に馳せ参じたのは縁戚の北条氏一族のほか,伊豆・相模等を中心とした源氏譜代の家人である武士たちであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごけにん【御家人】
〔「家人」の敬称〕
平安時代、貴族や武家棟梁の従者をつとめた武士。家の子。郎党。
鎌倉時代、将軍直属の家臣。本領安堵あんど・新恩給与・官位推挙などの保護を受けたが、御家人役と呼ばれる多くの義務を負わされた。
江戸初期、将軍直属の一万石以下の家臣の称。のちに旗本と御家人とに区別され、御目見おめみえ以下の者とされた。直参じきさん。 → 旗本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

御家人
ごけにん
(1)鎌倉時代に将軍(鎌倉殿)と主従関係を結んだ武士。平安時代には貴族の従者を家人とよび、源氏や平氏などの武家の棟梁(とうりょう)に臣従する武士も家人とよんだが、鎌倉幕府のもとでは将軍の家人にはとくに敬称をつけて、鎌倉殿御家人、関東御家人などと称した。幕府の統率下にない武士が「非御家人」とよばれたように、御家人の称はしだいに特定の武士をさす身分呼称として固定化した。鎌倉幕府の訴訟手続を解説した『沙汰未練書(さたみれんしょ)』には、「御家人とは、往昔以来、開発領主として、武家御下文(おんくだしぶみ)を賜る人の事なり」と定義され、御家人になるためには開発私領(本領)を有する武士が名簿(みょうぶ)を捧(ささ)げて将軍の見参に入り、将軍から本領安堵(あんど)の下文を受ける手続を必要とした。ただし、西国の御家人は一般に将軍との主従関係が緩やかで、守護が交名(きょうみょう)を注進するだけで御家人となったものも多かった。このため、東国の御家人は、本領安堵あるいは新恩によって、荘園(しょうえん)・公領の地頭職(じとうしき)に補任(ぶにん)されたが、西国の御家人で地頭になった例はきわめて少ない。御家人は、将軍から与えられた所領安堵・所職補任に対して、戦時に際しての出陣、平時の大番役(おおばんやく)・鎌倉番役などの軍役、あるいは関東御公事(みくうじ)などの御家人役を負担する義務を負った。このように将軍と御家人は御恩と奉公の関係を通じて双務契約的な主従関係を形成し、御家人制は鎌倉幕府の軍事的な基盤となった。御家人を中央で統轄したのは侍所(さむらいどころ)で、承久(じょうきゅう)の乱(1221)以降は六波羅探題(ろくはらたんだい)が西国の御家人を管掌し、蒙古(もうこ)襲来以後は鎮西(ちんぜい)探題が九州の御家人を管掌したが、普通は守護を介して国ごとに御家人の統率が行われた。鎌倉幕府は一貫して御家人を保護する政策をとったが、鎌倉時代後期になると、御家人の階層分解が進んで経済的に困窮する御家人がみられ、また庶子の台頭による惣領(そうりょう)と庶子の対立などにより、御家人制はしだいに弛緩(しかん)した。さらに蒙古襲来後の恩賞の不足と異国警固番役などの負担の増大、あるいは北条氏の被官(ひかん)(御内人(みうちびと))と一般の御家人との対立によって、御家人制の根幹が揺らぎ、幕府が滅亡する原因ともなった。なお、室町時代にも御家人の称は武家の家柄を示すものとして存続したが、室町幕府の主要な権力基盤とはならず、その実質は失われた。
(2)江戸幕府の直臣(じきしん)団のうち下級のものをさす呼称。知行(ちぎょう)高1万石以下の直臣団は、御目見(おめみえ)以上を旗本(はたもと)、それ以下を御家人と称した。御家人には、直臣になった時期の違いによって譜代(ふだい)と二半場(にはんば)と一代抱(いちだいかかえ)という区別もあった。御家人の禄高(ろくだか)の最高は260石で、最低は4両一人扶持(ぶち)であった。江戸時代後期になると、富裕な町人が、困窮した御家人の養子となって家督を継いで幕臣となる御家人株の売買もしばしばみられた。[小山靖憲]
『安田元久著『鎌倉御家人』(教育社歴史新書) ▽大饗亮著『封建的主従制成立史研究』(1967・風間書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐けにん【御家人】
〘名〙 (「ご」は接頭語)
① 平安時代、貴族や高位の武士に隷属していた者。家の子。郎党。
※太神宮諸雑事記(11C中か)「抑大司仲理者。彼左大臣殿相伝御家人也」
② 中世、鎌倉幕府の将軍と直接主従関係を結んだ家臣。将軍に忠誠義務を尽くす代償として、所領安堵や新恩の給与などの保護をうけた。また、鎌倉殿御家人、関東御家人などと呼ばれて、非御家人とは厳重に差別されていた。
※御成敗式目(1232)三条「抑雖重代之御家人当時之所帯者不駈催
③ 江戸初期、大名以外の将軍直属の一万石以下の家臣の称。のちに、旗本と御家人に区別されるようになる。直参(じきさん)
※禁令考‐前集・第四・巻三七・慶安四年(1651)一二月一一日「五十歳以下養子願之事〈略〉御家人之面々、五十歳より内にて及末期養子之願仕候者、依其筋目跡式御立被成候」
④ 江戸中期以降の将軍直臣のうち、御目見(おめみえ)以下の武士。旗本より身分が低く、直接将軍に謁見する資格をもたない小祿の者。御目見以下。
※禁令考‐前集・第四・巻三六・寛政元年(1789)九月二六日「近来都而御旗本御家人共に統勝手向及困窮候趣相聞候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御家人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御家人の関連情報

他サービスで検索

「御家人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.