Rakuten infoseek

辞書

御子/皇子/皇女/親王【ミコ】

デジタル大辞泉

み‐こ【御子/皇子/皇女/親王】
(御子)神の子。特に、イエス=キリストをさす。
天皇の子。皇子・皇女。皇女は「ひめみこ」とも。
「玉のをのこ―さへうまれ給ひぬ」〈桐壺
天皇の子で、親王宣下を受けた者。しんのう。
「今までこの君を―にもなさせ給はざりけるを」〈・桐壺〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おこ【御子】
他人の子供を丁寧にいう語。 かわいい-ですな
遊里で、茶屋の女房や遣り手などが遊女をさしていった語。 あの-は御気が軽いと茶屋は言ひ/柳多留 5

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

お‐こ【御子】
〘名〙 (「お」は接頭語)
① 他人の子供を敬っていう。
※浄瑠璃・心中涙の玉井(1703頃)「コレ爰(ここ)なお子、何をしくしく泣かしゃるぞ」
② 近世、遊里で、遣手(やりて)や茶屋の女房などが遊女をさしていう語。
※浮世草子・好色敗毒散(1703)一「遣手興をさまし、あの御子(おこ)は何を仰せらるるぞ」
③ 人。かた。
※秋長夜話(1781‐1801頃)「広島の人は壮夫老人をも何の御子、此御子と呼ふ〈略〉汎(ひろく)人を称して、子といはん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御子/皇子/皇女/親王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御子/皇子/皇女/親王の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.