Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

御堂関白記【みどうかんぱくき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

御堂関白記
みどうかんぱくき
左大臣藤原道長の日記。初めは『入道殿御暦』『御堂御日記』『法成寺入道左大臣記』などと呼ばれたが,江戸時代に近衛家煕が筆写した際に『御堂関白記』の題名をつけたため,その後流布し,一般的な日記名となった。しかし道長は関白にはならなかったので,正しい題名とはいえない。具注暦に書き込んだ半年分 1巻(軸)のものが 36巻あったらしいが,今日では自筆本は 14巻しか伝わらない。しかし,道長の孫の藤原師実のとき,自筆本 36巻を書写して 16巻がつくられ,12巻が伝えられている。したがって,両者を合わせ,散逸した自筆本や古写本の転写本を参照することによって長徳4(998)~治安1(1021)年の出来事を知ることができる。原本が京都の陽明文庫に伝存。『大日本古記録』所収。2013年,国際連合教育科学文化機関 UNESCO世界の記憶に国際登録された。(→記録

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みどうかんぱくき〔みダウクワンパクキ〕【御堂関白記】
藤原道長の日記。原巻36巻。14巻の自筆本が現存。長徳4年(998)から治安元年(1021)までの公私の出来事を具注暦(ぐちゅうれき)に記したもの。当時の基本史料。平成25年(2013)、世界の記憶に登録。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みどうかんぱくき【御堂関白記】
摂政太政大臣藤原道長の日記。《入道殿御暦》《法成寺入道左大臣記》など多くの名称があるが,江戸時代に近衛家熙新写本に用いられた《御堂関白記》のが最も広く流布した。ただし道長は関白にはならなかったので,必ずしも正確な書名とはいいがたい。998年(長徳4)より1021年(治安1)の間の記事を伝えるが,中間を一部欠く。記載内容は比較的簡単であるが,特異な文体を用いて自由奔放に書きつけたという感が強く,誤字当て字なども多いため,きわめて難解である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

御堂関白記
みどうかんぱくき

藤原道長の日記。『法成寺摂政記(ほうじょうじせっしょうき)』『御堂日記』『入道殿御日記』などともいう。道長が晩年、法成寺を建立し、御堂殿、御堂関白殿とよばれたことによる呼称である。しかし道長は、内覧、摂政(せっしょう)、太政(だいじょう)大臣にはなったが関白にはなっていないので、『御堂関白記』の名称は、正確にいえば誤りであるが、江戸時代の諸本に用いて以来通称となっている。平安末期には36巻が存したというが、現存の道長自筆本は、14巻(1年2巻)である。日記は具注暦(ぐちゅうれき)に書かれ、おおらかな彼の性格が筆跡に明瞭(めいりょう)に表れており、当て字、脱字、誤字をはじめ、重ねて字を書くところ、塗抹(とまつ)、傍書、省略、転倒なども多い。

 998年(長徳4)から1021年(寛仁5)までの日記であるが、1019年出家後は記事もきわめて少ない。そのほか、本書を抄出した『御堂御記抄』と称する7種の断簡があり、そのなかに、『長徳(ちょうとく)元年記』の抄出も存することから、日記は現存より3年前の995年、道長の30歳より始まっていることが明らかであり、56歳で出家するまでの政治家としての生活を主に記した日記である(出家の当年、翌年、翌々年は、多少の記述がある)。一条(いちじょう)、三条(さんじょう)、後一条(ごいちじょう)の3天皇の時代にわたり、左大臣、内覧としての生活状態を事細かに書いており、1016年(長和5)外孫の後一条天皇が9歳で即位し、摂政となったときの儀式の次第、1018年、三女威子(いし)立后(後一条中宮)の儀の記述などはとくに詳しく、後者の儀に「余読和歌」とあるのが、「この世をばわが世とぞおもふ望月(もちづき)の……」の歌にあたる(その和歌は『御堂関白記』には書かれず『小右記(しょうゆうき)』にみえる)。また長女彰子(しょうし)(一条中宮)、次女妍子(けんし)(三条中宮)の立后の儀式、彰子所生の敦成(あつひら)親王(後一条天皇)の誕生の記述も詳細である。なお、道長を代表とする摂関政治は政所(まんどころ)政治ではないということが、『御堂関白記』を通読することからも明らかになる。

 現存の自筆本14巻は、京都陽明文庫に存し、同じく古写本12巻(1年1巻。記事の少ない2巻は数年分を1巻とする)も同蔵、ともに国宝に指定されている。古写本の筆者は道長の長男頼通(よりみち)とされていたが、根拠は少なく、頼通の子師実(もろざね)か師実の猶子(ゆうし)忠実(ただざね)かであろうといわれている。江戸時代の諸本も多い(陽明文庫、宮内庁書陵部、京都大学蔵など)。『大日本古記録』『日本古典全集』(活字本)、『陽明叢書(そうしょ)』(影印本)に収録。2013年(平成25)、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産(現、世界の記憶)に登録された。

[山中 裕]

『阿部秋生「藤原道長の日記について」(『日本学士院紀要』所収・1950・日本学士院)』『山中裕著『「御堂関白記」の藤原道長』(『平安人物志』所収・1975・東京大学出版会)』『山中裕編『御堂関白記全註釈(寛仁元年)』(1985・国書刊行会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みどうかんぱくき みダウクヮンパク‥【御堂関白記】
日記。原巻数三六巻。藤原道長著。長徳四年(九九八)から治安元年(一〇二一)まで書かれ、そのほとんどが自筆本または良質の写本の形で現存する。変体漢文による公私生活の記録で、「御堂御記」「法成寺摂政記」「入道殿御暦」などとも称する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

御堂関白記
みどうかんぱくき
平安中期,藤原道長の日記
全30巻。998〜1021年に至る14巻が現存。自筆の原本があり,藤原氏全盛期の重要な史料。漢文で書かれている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御堂関白記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御堂関白記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.