Rakuten infoseek

辞書

御史大夫【ぎょしたいふ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

御史大夫
ぎょしたいふ
大納言」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎょし‐たいふ【御史大夫】
中国の官名。秦漢時代は三公の一。御史の筆頭で、大臣を補佐する国政参議官。後、御史台長官
大納言の古い呼び名。
弾正尹(だんじょうのかみ)(弾正台の長官)の唐名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょしたいふ【御史大夫】

[中国]
 官名。御史とは語源的には君主側近の書記であるが,漢代以降監察官の名となり,その役所を御史台といい,長官を御史大夫という。唐制では従三品。尚書省の六部尚書,門下省の侍中,中書省の中書令がいずれも正三品であるのとほぼ対等の位階をもち,百官の非違を糾弾する職責に任じた。御史台は日本の律令では弾正台となり,中国でも明・清時代には都察院という名称に変わった。【滋賀 秀三】
[日本]
 天智天皇の時代には大臣の次に置かれた官職名。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎょしたいふ【御史大夫】
弾正尹だんじようのかみの唐名。
大納言だいなごんの古名。
中国で、御史の筆頭。丞相じようしよう・太尉と並んで三公の一。官吏の監察・弾劾をつかさどった。秦代におかれ、前漢末に大司空と改められた。隋・唐・元では御史台の長官。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

御史大夫
ぎょしたいふ
中国の官名で、三公(さんこう)の一つ。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょし‐たいふ【御史大夫】
〘名〙
① 中国の官名。秦漢時代、御史の筆頭で、大臣を補佐する国政参議官。その後は御史台の長官として御史を率いた。〔新板職原抄大全(1659)〕
② 大納言の古称または別称。
※年足神社蔵石川朝臣年足墓誌‐(天平宝字六年(762)一二月)「石川石足朝臣長子御史大夫正三位兼行神祇伯年足朝臣」
弾正(だんじょう)の尹(かみ)の唐名。
拾芥抄(13‐14C)中「弾正尹 〈略〉御史大夫、御史尚書」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御史大夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御史大夫の関連情報

他サービスで検索

「御史大夫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.